Tsutota

主人公は僕だったのTsutotaのレビュー・感想・評価

主人公は僕だった(2006年製作の映画)
3.9
作家の人がクレイジーで好き!
病院でのシーン、傘に入らないシーンがいい。
あと会社の同僚もいい奴でちょっと和む。

前半はすごく面白かったけど後半はあんまり理解できないところがあった。
死と税金ってジョーブラックでもあったな。
アメリカの定番?