ペパーミント・キャンディーの作品情報・感想・評価

ペパーミント・キャンディー1999年製作の映画)

박하사탕/PEPPERMINT CANDY

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.9

「ペパーミント・キャンディー」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.1
冒頭のピクニックの場面で提示される不穏な空気が堪らない。その他にもロングショットや長回しを駆使した映像が、トリッキーな脚本と絡み合ってなかなかの力作を作り出していると思う。個人的には北野武『その男、凶暴につき』のような作品を想起しながら観てしまった。こちらももう一度観ないと分からないことなのだけれど、撮り方のぎこちなさや暴力の陰惨さ(尋問で水中に顔を押しつける場面の見事さ!)にその残響を聴いてしまったのだ。これはこの時代の映画特有のざらついた雰囲気の映像もあってのことかもしれないが……カラオケや音楽が暴力的に流れる場面は後の『シークレット・サンシャイン』にも活かされているのだなと思うと面白く感じられた。あとは「水」だろう。振り続ける雨、主人公が飛び込む川、そして先ほどの尋問で使われる「水」……頻出するその要素が一体なにを意味しているのかまでは分からなかった。残念。
イ・チャンドン監督の映画は、「ポエトリー」、「オアシス」ときてこの「ペパーミント・キャンディ」

物語は7章に分かれていて、1999年から過去20年に遡って行く。やでももっかい見直すよ。ソル・ギョングの顔の変化も気になるし。

各章の切り替わりで、線路を走る映像が時間を遡るのを表していて、「あ、4年前か!」とか分かるのだが、監督のインタビューで言ってたけど、撮影もあえて見せる順番、つまり現在から過去に撮ったんだって。役者さんは大変だ!

観てる方にも、容赦無い。だって、後半の方で「ああ、この人に悪い事が起きなければいいのに!」と思っていても物語は確定してるんだもの。それって現実世界とおんなじだ。なんと厳しいのだ、イ・チャンドン監督。

でも、最終章のアレは繋がっているよね。ね、そうでしょ?
これは哀しい映画だった
くろお

くろおの感想・評価

4.1
ホント、独特の後味を残してくれるなぁ。
泣くに泣けない、締め付けられる様な…
イ・チャンドン、マジで一生ついていくわ。
義理bot

義理botの感想・評価

4.9
考えなくていい、でも考えていたい。
昔の事、楽しかった思い出たち、苦しかったあの時。
どっちの方が多いかな。
そしてこれからどう進むんだろう。

人生
この映画の人生。
1つ1つのシーンを振り返り、余韻で泣く。
こんな寂しい映画観たことないよ。

ワンワン泣くんじゃねえ、シクシクでもねえ、心のトンネルの奥にモヤモヤした何かが身体の内側を泣かす。

最悪で最高な演出×主人公の磁石のように惹きつける演技
これをモロに食らったらノックダウンするのも当たり前だよな

ラストのシーン、言葉は要らない。深い。そして、面白い。
頭ん中をグルグル回り続ける。
淡々としててつまらん
>|