ペパーミント・キャンディーの作品情報・感想・評価

ペパーミント・キャンディー1999年製作の映画)

박하사탕/PEPPERMINT CANDY

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.9

「ペパーミント・キャンディー」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.1
冒頭のピクニックの場面で提示される不穏な空気が堪らない。その他にもロングショットや長回しを駆使した映像が、トリッキーな脚本と絡み合ってなかなかの力作を作り出していると思う。個人的には北野武『その男、凶暴につき』のような作品を想起しながら観てしまった。こちらももう一度観ないと分からないことなのだけれど、撮り方のぎこちなさや暴力の陰惨さ(尋問で水中に顔を押しつける場面の見事さ!)にその残響を聴いてしまったのだ。これはこの時代の映画特有のざらついた雰囲気の映像もあってのことかもしれないが……カラオケや音楽が暴力的に流れる場面は後の『シークレット・サンシャイン』にも活かされているのだなと思うと面白く感じられた。あとは「水」だろう。振り続ける雨、主人公が飛び込む川、そして先ほどの尋問で使われる「水」……頻出するその要素が一体なにを意味しているのかまでは分からなかった。残念。
nonzk

nonzkの感想・評価

3.8
サクマ式ドロップスに入ってるハッカ味のキャンディあるじゃないですか
あれ、僕凄く苦手なんですよね

甘いキャンディのはずなのに、あの一味だけなんで辛いのが混じってるんだろうって

この映画。サクマ式ドロップスだなって思いました

甘いフルーツのキャンディばかり食べちゃって、いつの間にかハッカ味のキャンディしかなくなっちゃってる
心がスースーする後悔しか残ってなくて、
踠けない、足掻けない

映画自体は電車が戻って行くにつれて
甘くなっていく筈なのにね
最初に食べたハッカ味が後からずっと口の中に溶け出して広がっていくから、
甘くない、人生甘くない、


「oasis」といい、「ペパーミントキャンディー」といい、突きつける人間の描き方がすこぶる容赦ない
韓国の社会情勢や政治情勢が個人に及ぼす影響みたいな。
俳優の演技が生々しくてきつい。
Annikki

Annikkiの感想・評価

4.5
まだ何も知らなかった20代前半、なぜこの作品に心を打たれ、イ・チャンドン監督の名前を覚え、ソル・ギョング、ムン・ソリという、魂を懸けた俳優に感銘を受けたのだろう。

生きることは痛い、死ぬ時も痛い、過去を振り返ることも、心がいたい。

こんな人生見せつけられて、泣く以外に方法がありますか?
稲妻みたいだと思いました。
なつ

なつの感想・評価

4.0
NHKと韓国の共同制作で、1998年の韓国の日本文化解放後、両国で最初に取り組んだ作品。
“後悔先に立たず”……真っ先にそんな言葉が思い浮かぶ。
主人公の悲痛な叫び、悲哀に満ちた人生を逆戻り構成されている本作。
電車……人生を遡る描写の象徴。
電車の車窓からの風景をとらえた白い鳥が飛び立つシーンが印象的。
彼の心情を表すような数々の雨のシーン。
印象的なシーンが心をうつ。
イ・チャンドン作品は、“オアシス”もそうだが感想を伝えるのが難しい。
観終った後には、一人の一生を背負ってしまったように感じた。
ペパーミントキャンディーを見ると、彼を思い出しそうだ。
イ・チャンドンには度々号泣させられたので、今回はどんなもんかと期待していたのですが、「え?ここで終わり?オアシスとシークレットサンシャインが豚骨らーめんなら、ペパーミントキャンディは薄塩ラーメンじゃん」と初めて真顔のままエンドロールを迎えました。
しかしまあなんということでしょう。記憶の中で、ラストからオープニングへと伏線を綺麗に拾い集めてから脳内再生してみると、豚骨らーめん並みの余韻と感動が!
「お嬢さん」もそうだったけど、ムンソリ様はあんまり出てないのに印象残しすぎ!可愛すぎるし演技上手すぎる!
dramatsu

dramatsuの感想・評価

4.4
オープニングのプレビューが気になって観た作品。
ソルギョングの演技が凄い。
過去の過ちはもうやり直せない!切ないです。
郁世

郁世の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ある男の過去を遡る話なんですが、つらいなぁ…
ああいう結果になってしまうのは、ある意味純粋なんだよなぁ…

ラストシーンには幸せな未来を想像していたのかなぁと思うとより苦しくって。
鑑賞後、キャンプで唄ってた歌が耳から離れなくなりました。

あまりアジア映画は観ていないのですが、人の見た目や風景が似ているからかすごく感情移入してしまいます…

観ていて心がずっとザワザワしてしまって、内容をちゃんと把握できてないので、もう一度しっかり観たいと思います!!
>|