たつなみ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろのたつなみのレビュー・感想・評価

3.5
『桐島』が大傑作だったので、前から観たかった作品。

田舎という狭い世界の中で起こる混乱というシチュエーションは『桐島』に似ているが、ラストはちょっと取って付けた様な違和感を感じた。

ただ、日本映画にありがちな、心情を全てセリフで表現する様な陳腐な演出は一切なく、映像や俳優の仕草で表現している所は素晴らしい。
サトエリのワガママっぷりも良かったが、特に永作博美の『乾いた明るさ』と、どこか腹黒さを感じさせる演技がとても印象に残った。
突然ゴロゴロ転がった時はビックリしたが…(^_^;)

『人は変わることは出来ないのか?』
観終わった後、自問自答したくなる。