天と地の作品情報・感想・評価

「天と地」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

4.0
『プラトーン』のオリバー・ストーン監督作品で、舞台が60年代のベトナムとなると戦争の狂気とやらを期待する人がいると思うが、それは見当違いもいいところで、これは大変な時代に生まれ育った女性の数奇な運命を描いた大河ドラマである。
本人による自伝が原作のせいかゲリラだった時代は省略されているのが不満だが、アジアの我慢強い女の半生記として優れた作品といえるだろう。
主人公の両親が実に素晴らしい名演で、アジア俳優陣の懐の深さみたいなものが良く分かる。そしてダメなアメリカ兵を演じたトミー・リー・ジョーンズも好演。
misa

misaの感想・評価

-
原作に描かれる実体験をつなぎ合わせました感がある。
過激なシーンとかお金で体を売るとかそういうのが多くて、そういう事が実際にあったというのをまず信じたくないし、
不愉快だった。
す

すの感想・評価

3.5
父親の存在が人と比べて薄いので、うなってしまう
qwerty6

qwerty6の感想・評価

4.0
1994/8/17
TKSHATS

TKSHATSの感想・評価

3.7
素晴らしい映画。
すごいなあ!
一人で生きるには、
遠慮もくそもない!
僕は、好きな作品だ!
とき

ときの感想・評価

3.5
目を背けたくなるような残忍な描写が多かった。いつ幸せになってくれるんだとハラハラしながら。
ベトナムで戦争に巻き込まれている前半と、移住後のアメリカでの様子……この対比がエグい。同じ地球でも裏側ではまったく様子が違う。
どんどん強くなっていくリーが逞しい。
>|