ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : The World's Strongest

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ」に投稿された感想・評価

敵の名前が名古屋に絡んだもののオンパレード

界王拳と元気玉がメインだったけどそれもまた今とは違っていい感じだった。
なかなか見応えがあった1時間。
悟空対ピッコロはこの時代にしか見れないから結構レア。Dr.ウィローも強敵だし
キャラも個性があって良かった
今回の敵はドクター・ウィロー率いる名古屋軍でしたね。
ウィロー、ミソカッツ、エビフリャーは分かるけどキシーメは分かりづらいなぁ。
今だったらタイワンマゼソッバとか出てくるのかな。


悟空が強くて何よりな作品でした。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.8
永久氷壁に覆われたツルマイツブリ山。そこに悪の天才、ドクターコーチンはドラゴンボール集め、氷壁の下に閉じ込められた脳だけで生きるドクターウィローとその研究所を呼び起こした。ウーロンと悟飯はその場にいたが、バイオマンに襲われ、ピッコロが助けるがやられてしまう。その後、亀仙人とブルマが連れ去られ、孫悟空が助けに行くが、、、。

またピッコロが序盤にやられるという掴みから始まり、孫悟飯はピッコロにしごかれて大人びている。そして前回と同様に孫悟飯の音楽が途中で流れます。

前作でもそうでしたが、如意棒使いながら戦う場面って何かしら新鮮に感じました。そもそも大人になってから悟空あまり如意棒使わなかったような気がします。

クリリンの名ゼリフは今作から登場。そして元気玉も登場。元気を分けてくれって久しぶりに聞きました。
たむ

たむの感想・評価

2.7
謎のミュージカルシーンにぎょっとしますが、その後の劇場版ドラゴンボールのセオリーを作った記念すべき作品です。
この作品以降、侵略→手下全員倒す→ボスに倒される→元気玉で逆転勝利、というパターンです。
さらにドクターウィローの狂気に子供たちへの教訓メッセージも忘れていない辺りは、ドラゴンボールとしては珍しいです。
比較的あまり回数を観たことがない作品なのだが、この悪役のウィロー博士は
界王に修行してもらった悟空を界王拳4倍と元気玉まで追い込むという驚愕の頭の良さ。

サイヤ人の王子に匹敵するまでの強さを見せつけた。半端ない。

亀仙人の活躍も見れて、悟空とクリリンと3人での師弟かめはめ波を観れるのはかなり見る価値がある。
まだ界王拳とか元気玉とか言ってた時代ですね。解りやすくていいです。

登場人物もほぼ悟空、悟飯、ピッコロ、クリリンで成り立ってます。
小学校のとき、図書館のライブラリで見た記憶が、、、なつかしい
界王拳に元気玉とドラゴンボールの鉄板技が出てきて戦闘シーンもなかなか派手になってくるから見応えもそれなりに。

前半の悟飯の歌が謎だった笑
このあたりから悟飯とピッコロの師弟愛も色濃くなりだす。個人的にはZになってから登場回数が極端に減ったウーロンがけっこう見れてよかった。相変わらずヘタレであるが憎めないやつである。

このへんからやられキャラが固定されるんだよなーー。
助っ人に出てきても「どうせやられるんだよね」と思ってしまうがこれもドラゴンボールである。

最後の亀仙人のオチも初期ならではで和やかになる。
marimo

marimoの感想・評価

2.7
ドクターウィローだったり、コーチンだったり名古屋愛にあふれたZ劇場版の2作目。

まだまだ敵キャラの魅力が薄い初期の劇場版。

今回は界王星での修行は終えてると思われる悟空が、界王拳だったり元気玉といった大人気スキルを駆使して戦いますが、なんか盛り上がりにかけるんだよな。

ウィローさんの全身解禁後はクロノ・トリガーの敵に出てきそうな出で立ちで、鳥山明チックなメカっぽさはあるものの、そこまでテンションはあがりません。

この世界は、ゲロやらウィローやらマッドサイエンティストの影響力がでかいな。