世界のタナカ

わらの犬の世界のタナカのレビュー・感想・評価

わらの犬(1971年製作の映画)
4.5
非暴力を貫こうとする男、その成れの果てを描くバイオレンスムービー。

エスカレートする暴力とともにカットバックが加速し、映画がドライヴしていくさまは本当におもしろいが、そのおもしろさは同時に強烈なアイロニーにも見える。やってることは『ホームアローン』と同じだったりするのだけれど、こちらはとにかく人間の闇を突き付けられ、あとには徒労感しかのこらない。


本筋とはなんの関係もないのですが、誘惑する娘役の子がどう見てもベッキーそのもので、マジでロマンスがありあまるところも必見です。