昇龍拳ナオコ

わらの犬の昇龍拳ナオコのネタバレレビュー・内容・結末

わらの犬(1971年製作の映画)
2.6

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずキチガイばっかり。しつこい回想挿入でイライラMAX。更にパーソナルスペースに文字通り土足で入ってくる無礼者達。ほとほと人間には呆れるぜ(ペキはんこんな感じでどうですか)。
後半の暴力描写よりも前半の陰湿な描写が素晴らしくて自分みたいな寝取られモノ嫌いはこころを掻き乱されまくる。ダスティンホフマンの抑止の糸が切れた時なんて「いいぞもっとやれ」と思わずにはいられないしペキンパーの狙い通りに誘導される。
めちゃくちゃストレス溜まるから評価は低いけど決して貶しているわけではなくて寧ろ認めてます。