3to9ni

わらの犬の3to9niのレビュー・感想・評価

わらの犬(1971年製作の映画)
3.2
積りに積もった怒りが一気に爆発して大惨事になる、暴力シーンで有名な映画である。

前半はずっとバカにされて遠回しにイジメられ、後半は段々とエスカレートする嫌がらせにブチ切れる展開なのだが、キレるポイントが何かズレてないか?と(笑)
それより前にキレても良いだろと思ったのだが、そう思わせてしまうほどヘタレな学者をダスティン・ホフマンが見事に演じてたという事か(笑)

閉鎖的で陰湿な村人の演出は本当に田舎あるあるで、外国でも人間って同じなんだなと実感。

ストーリーは今一つだが展開はとても面白い。
そしてスーザン・ジョージがエロくて最高な映画(笑)