シネオタ

わらの犬のシネオタのレビュー・感想・評価

わらの犬(1971年製作の映画)
3.6
徐々に肥大化していく悪事。
誹謗、からかい、ペット殺害、レイプ、そしてあのラスト……。
主人公は心優しき草食系男子。最後の最後まで不良どもの悪事に耐え忍ぶのだが、ついにラストで堪忍袋の尾が切れる。
一定のラインを超えると暴力は許されるのか、暴力に物事を解決する効能はあるのか。暴力とその善悪について考えさせる本作、スッキリとはしない結末ではあるが必見の映画のひとつ。

おそらくあの男、モチーフはフランケンシュタイン。