ドリーム・ホームの作品情報・感想・評価

「ドリーム・ホーム」に投稿された感想・評価

香港産スラッシャー系エロ・グロ・ゴア・スプラッタ映画(← 紹介長いよ!ww)
監督さんがスプラッタ好きで、そこにこだわったというだけあって、グロ描写はクオリティが高く、その点に関してはかなりイカした映画でありました。



香港の銀行で働くOLチェン。
彼女の夢は、湾岸エリアにそびえる超高級マンションを手に入れること。

マンション購入のために、あの手この手でお金をかき集めるチェンだったが、香港の住宅事情や不動産価格の高騰などから、彼女の夢はどんどん遠ざかってしまう。

夢を諦めきれずマンション購入に執念を燃やすチェンは、ついにある恐るべき行動に出るのだった。



スラッシャー系で人が次々と殺されていくのですが、その殺し方が実に豊富!
よりどりみどり、バリエーションに富んでて楽しめます。

刺す、切る、絞める、鈍器殴打、などの定番に加え、布団圧縮袋を使った斬新且つエグい殺しまで登場してもうワクワクです。

飛び出す目玉や、お腹切られてデロリンと垂れさがるモツの質感などのクオリティも高いですし、何より殺される人間があっさりとは死なない、というか苦しんで死んでいく様をいちいちじっくり見せつけるので、残虐性増し増し、惨たらしさUpで、その点も評価できます。

また、息絶えたと思った人間が、虫の息ながら実はまだ生きていて最後の力を振り絞って思いもよらない行動に出るところなど
「まだ生きとったんかーい!」
「でもそれオモロイやんけー!」
って感じで、ブラックに楽しめます。

一方で、殺人の背景やそこに至る展開は単純というか安直、主人公の生い立ちやマンションに執着する人物描写などストーリーは無理に盛った感が強く、5分で済むような話を無駄に長い尺を使って回りくどく見せられている感じで「はよグロ見せんかい!」ってイライラします。

また、過去の回想シーンの合間合間に現在進行形の連続殺人シーンを断片的に織り交ぜて見せる構成になっていて、そうすることで犯行に至るまでの真相を徐々に明らかにしていこうとする意図は分かるのですが、逆にそれが見せ場である連続殺人シーンの盛り上がりや緊迫感にブレーキをかけてしまっていてテンポが悪く、せっかくのメインディッシュが小出しになって盛り下がってしまった感は否めず、その辺は大きなマイナスポイントになったっぽい。


とはいえ、こだわりのスプラッタ描写のクオリティはかなり高く、そこは目の肥えたグロ愛好家も楽しめる出来と思われ、特にS〇X中の男女をぶち殺す場面でのチン〇ぶった切りからの、
ブシャッ → ポテッ → ショボン → トロリ...
なシーンは製作陣もこだわった快心の出来というだけあって、なるほど芸が細かい!見応えありで、巻き戻して何度も見ては1人唸っておりました。

ということで、ストーリーとか映画作品としての出来はビミョーですし、殺す人数をあと2・3人と血量もも少し増やして、もっとそっちに傾斜して欲しかったな、なんて思ったりもしますが、殺しのバリエーションやスプラッタ描写に興味のある人は観て損はしないかな、って感じの作品でありました。


PS
マイホーム購入の際は、背伸びせずに身の丈にあった物件を選ぶようにしましょーね ( ・ᴗ・ )
T兵衞

T兵衞の感想・評価

3.5
R18のゴア描写の汚さと不快さがかなり良く出来ていてそこが見所です。
貧困は人を狂わせるといいつつ、主人公はどう考えてもソシオパスではなくサイコパス。
バイオレンス!スプラッター!すごい^ ^

海の見えるマンションに住みたい!
これは貧困層で育った主人公の女(名前何だっけ?笑)の憧れであった
しかし香港の経済問題、度重なる不運が続き大人になった彼女の夢は打ち砕かれる。
やがて彼女の家への執着は狂気へと変わる
ーーーーーーーーーーーーーーーー
怒りの矛先はとんでもない方向へ向かわせてしまうがきっかけがどうでも良くなるくらいに殺し方死に方凄まじい
凄まじさに呆気にとられる

この女、テレアポ兼販売員なのに怒りで覚醒したのかアサシン並の能力あるなぁ

日用品であんなこんな殺し方
ゾッとする描写が続く続く
でもこのアイデアは凄いなぁと妙に感心😅
最後の男の口開けさせ方とか🤛
エロと血みどろ観たい方どうぞ

フラスコ斬新

2018 2 Netflix
sin182

sin182の感想・評価

3.5
自身の夢の為なら…

ってか、こいつは愉快犯?
夢の為?

何にせよ、主人公が
至って普通の姉ちゃんってとこが
リアルで良かった♬

やっぱ殺し方は
残酷に痛々しく、
華麗にが良い♬

事実かどうかは興味ない。
n

nの感想・評価

3.9
これも新文芸坐オールナイト。痛くて痛くて痛くて世知辛い。掃除機のシーンは軽くトラウマになってるし、総じて私には無理な方向性のバイオレンス映画だった。広尾の億ションとかに住みたくなったら参考にするね。
おたぬ

おたぬの感想・評価

3.6
2018年8本目。
友人から「めっちゃおもろい!」という感想をいただきましたので、さっそく鑑賞。
(つまりめっちゃグロい)

余談ですが、借りたい海外ドラマがことごとくレンタルされまくってて、似た趣味の人ってたくさんおるんやなあ…と。
そしてこんなグロい映画に、たくさん感想ついてて、やっぱり趣味嗜好が似てる人、たくさんおるんやなあと。

高級マンションにどうしても住みたいがために、殺人を犯しまくる主人公。
過去シーンと殺人シーンが突然ぐるっと変わってくるので、あれ?って目が正直ちょっと疲れますが…。
非力で素人で計画したけど突発的な犯行なので、簡単には遂行できません。
ありえへんやろ!な殺し方に、うわあ…なしんどくなる殺し方。
とりあえず気づいたら終わってるか、まだなん!?長い!となるかどっちか。
バラエティに富んだ殺し方を鑑賞しまくる映画なのですが、現実問題もちゃんとあって。観終わったあと、なんか虚しくなっちゃう不思議な話でした。
あと、なんか全体的に登場人物のテンション高い。そんで白い絶対外れへん白いコードみたいなやつの利便性が証明されたわね…。そして名前忘れた…。
結構グロいです
R18+作品です
まだ今年は始まったばかりで
そんなにホラーは観てないですが
12月を合わせて観たホラーの中では
一番グロいかな

殺し方が多彩
10何人死ぬのかな
妊婦のシーンはちょっとキツかったかも
あんまり妊婦がああなるのってないから
ただ行き当たりバッタリな面があるので
チェンが用意してた殺し方と
チェン自身でも考えてなかった
殺し方をするシーンもあります
チェン自身、普通のOLですから
殺しの訓練を受けたわけでもない
一応計画はしてますが、ほぼ素人です
だから反撃もくらいます
そこはある意味スリリングで
リアルなんですが
人間科学というか生命的にとうか
それはあり得ないだろうという
シーンもありました
最初に刺され、内蔵がボタボタ
こぼれ落ちた奴が
他の人が殺されている間まで
生きて喋っている
あと他にもありますが・・・
あれは急だったからちょっと
ビックリしたかな
あとチェンは普通のOLなのに
超怪力!

でもまあホラーとは不条理な
ものなので私は許します
そうじゃないとグロ映画は楽し
めないよね!
たぶんこれが許されない人は
ホラー、特にスラッシャー系は
向いてないと思います

そんなホラー描写と合わせて
この映画は、香港社会の縮図が
垣間見える映画です
これは日本社会でも似たような
境遇の人はたくさんいると思います
でも普通はそんな事はしない
私だってちょっと似たような
所はありました
広い家と部屋に住みたいと
思ってました
最近はこんな家、掃除が面倒臭そうだな
と思い、そうは思わなくなりましたが
掃除が苦手、嫌いな者で

なんでチェンがそこまでするのかは
観ていただいたらわかりますが
まあある事がチェンを歪めて
固執させてしまったんですよね

ラストはこのままいけば
たぶんこうなるだろう
なあと思ったら予想通りでした

かなりの流血とグロさを
観させてもらいました
満足です
そこに時折、織り混ぜられる
とあるシーンが上手く合わさり
観る側にとっては非常に
分かりやすい映画になった
と思います

グロ好きな方はぜひ!
Younotme

Younotmeの感想・評価

2.9
ゴアもブラックユーモアも良かった。
えげつねえ映画!
マンションを購入するためにひたすら住民を殺しまくるS級スプラッターホラー
アメリカのB級ホラーよりアジア映画の方がゾッとする

主人公が殺しに至るまでの話は香港の不景気事情と重なり、狂気へと走らせる
住民の死に顔が怖すぎる
妊婦殺しは精神的にキツイし目ん玉飛び出し、内臓は出るし、気の板突っ込まれた女はもはやクリーチャーと化してる

殺した理由が怖すぎる
これ実話らしくてもうマンションに住みたくない
グロ描写には満足。
>|