ダ・ヴィンチ・コードの作品情報・感想・評価

ダ・ヴィンチ・コード2006年製作の映画)

The Da Vinci Code

上映日:2006年05月20日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「ダ・ヴィンチ・コード」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

3.0
TVでやっていたので見た。
集中力がちょっと追いつかなかった。

有名だしPRやタイトルから、神秘的そうで期待してしまうけど、肩すかし感。
お金や時間を使ってわざわざ観なくても、他にもっといい映画がいっぱいあるかも。
難しすぎー。考えすぎて頭痛。
こういう映画がスッとわかるようになりたい。
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
原作の小説では状況説明がたっぷり出来るだろうからそこまで違和感無いのかもしれないけど、
映像にすると「都合良すぎる展開 & 詰めが甘すぎる人々」を見せられて途中で飽きてしまった。
日本版だと関さんの都市伝説をシリアスな映像にして、それを硬派で好感度の高い俳優(真田広之さんとか?)が演じてる感じ?w
キリスト教についての本を色々読んでるから話は普通に理解出来たんだけど、なんだかねーw
20

20の感想・評価

5.0
素敵
協会のステンドグラスや中世の宗教画に四方を囲まれたカットが続くため作品全体に神的な雰囲気が漂っている。美学や神学に関心がある方にはオススメしたい。
作中の論理展開も"If""Maybe"という仮定推論が多くはあるが無理筋ではないので、原典記述を盲信するタイプでなければきちんと楽しめるはず。

とはいえ偏った高水準の学のいる話題が続くため無理だと感じる方も多いかも。"フィボナッチ数列"だとか"マグダラのマリア"だとかの単語で拒否反応を感じるのであれば避けて通るのが無難。

ジャン・レノは銃を握ってる時が一番かっこいいです。
ルーヴル美術館において
美術館館長であるジャック・ソニールが
殺される殺人事件が起きる。
死体はレオナルド・ダ・ヴィンチの
「ウィトルウィウス的人体図」を模しており、
そこに暗号が書かれており、
そのダイニングメッセージに容疑者の名前が
記されていた。その名前は被害者と元々会う
約束をしていたハーバード大学の教授である
“ロバート・ラングドン”(トム・ハンクス)。
しかし、被害者の孫でありフランスの
司法警察暗号解読官の“ソフィー・ヌヴー”
(オドレイ・トトゥ)は祖父のメッセージから
その意図を汲み取り、ラングドンをその場から
救い出すことに成功する。
そこから2人は館長のメッセージを元に
【キリストの聖杯】の謎を解明することが
この事件を解決する糸口になる事を知る。。。


正直、なかなか難しい映画でした。笑
キリストであったり、宗教の話であったり
難しいワードがポンポン出てきます。
これは自分が無知なだけなのか、
それとも誰が見ても普通に分かるものなのか
途中で不安になったりしました。笑
しかし、不思議と物語にのめり込んでいき
気がついたらエンディングを迎えていました。
謎が着々と解かれていくのは見てて
素直に楽しめたし、どんでん返し系の映画は
大好物なのでガッツリ見ました!!
そして安定のトム・ハンクス!!
この人が出てる映画って個人的に安定して
面白い映画になってる気がします。


こう言った映画を見ることによって
今作で言うところの宗教の背景であったりと
自分の知らないことを知ると
この映画をもっと楽しく見るために
勉強をしてみようかなって思えるところが
映画の良いところ1つである気がしました。
大人になって勉強をしてみたいなって
思えることって幸せなことですね。
あきば

あきばの感想・評価

2.3
求めてたのはそうじゃない感がすごい
pinkyyyy

pinkyyyyの感想・評価

4.2
仮説が論理的だから面白い
>|