ダ・ヴィンチ・コードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダ・ヴィンチ・コード2006年製作の映画)

The Da Vinci Code

上映日:2006年05月20日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「ダ・ヴィンチ・コード」に投稿された感想・評価

a

aの感想・評価

2.5
頭使います。
私はこれを二回見て、小説を読んでやって理解しました。
結構端折られてるとこが多いので、映画だけで理解しようとすると大変かも。
でも理解すると面白い。
理解力が追いつかなかった
34

34の感想・評価

3.0
面白かった。
パリが美しい。
ポールベタニー可哀想。
will

willの感想・評価

3.9
雰囲気は好き
ちぇる

ちぇるの感想・評価

3.7
ずっと見たかったやつ!好きな雰囲気!
??てなるとこもあったけど結局ゾワッた
たなち

たなちの感想・評価

3.1
聖杯

原作を読んでからずっと見たかった。
意外としょうもない内容感笑
全体的に原作に忠実すぎてなんか締まりがない感じ。結構長い内容を頑張って2時間ちょっとだからなー
キリスト教の歴史やミステリー、秘密結社など好きな人はハマる。

このレビューはネタバレを含みます


『ダ・ヴィンチ・コード』

監督
ロンハワード

出演
トムハンクス
オドレイトトゥ
イアンマッケラン
ジャンレノ
ポールべタニー

今更ながらロバートラングドンシリーズ第1弾

ルーヴル美術館の館内で館長であるジャック・ソニエールの射殺体が発見された。不思議なことにその身体はダ・ヴィンチによる「ウィトルウィウス的人体図」を模した形になっていた。さらに奇妙な事はそれがソニエール自身の意思によるものであることだった。
パリで講演を行い、書店でサイン会を行っていたハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、宗教象徴学の専門家として捜査協力を求められる。

有名な作品ですが、どうにもこうにもトムハンクスの髪型が気に入らなくて(笑)
→やはり皆さん髪型は不評だったみたい(笑)

うちら日本人には宗教な話はどこ吹く風なトコがありますが面白かったデスよ
😆
→宗教的な観点から、ローマ教会はイエスキリストを冒涜したものとしてボイコットを呼びかけたとか

アメリのオドレイトトゥが、こんな真面目な刑事役で…ビックリだわ!!

ポールペタニーの役者魂には頭が下がります…色素欠乏症を特殊メイクで施すため全身の体毛を剃っているとか

ダヴィンチやニュートン🍎やら誰でも知ってる歴史上の人物を織り交ぜて、シオン修道会などのフィクションを元に構築…どこのfateの聖杯戦争勃発なんだ😄

ロンハワード監督は、バックドラフトや遥かなる大地へに見る絶妙な音楽とよく観察してる人間関係の構築などキチンと学ぶべき点が多いやうな気がします。
→絶対主義ではなくて、色々と間違えながら進行していく点が好き💖

天使と悪魔に続きます
LOST

LOSTの感想・評価

3.2
歴史や宗教を全然知らないのでなかなか難しかった。よくわからないまま解決していってしまった部分も多かったけど、面白かった。
ito

itoの感想・評価

3.5
大分昔に見ていたので再視聴。

私の中でミステリーといえばと言われて三本の指に入るシリーズ作品の1つ。宗教、絵画、歴史、学問、ミステリーがふんだんに採り入れられていて、シーン一つひとつが伏線になってたりしてかなり見応えがある印象です。原作小説は大分濃厚で読み応えしっかり!という作品ですが、それに比較すると映画は構成も練られつつ映画の時間に合わせた編集となっているので見応えはありつつも分かりやすい進み方にはなっているんじゃないかなあと私的には思います。宗教の話も軸になってくるのでそういうお話も含めてディープな作品にはなっていますよね。最近ありがちなチープなミステリーにぐったりしている方は是非…!