kotchan

APPLESEED アップルシードのkotchanのレビュー・感想・評価

APPLESEED アップルシード(2004年製作の映画)
3.4
士郎正宗のメジャーデビューとなる人気漫画の映像化。従来のアニメーションよりも"リアリティ"に拘り、モーションキャプチャやトゥーンシェーディングなどを採用したフル3DCG作品。
現在の映像技術からすればCGの荒さが目立ち、特に表情の描写はまだまだで、見慣れないと違和感も感じてしまいます。
「従来のアニメ以上実写未満」
といったところで、限りなく実写に近付いた仕上がりとは言えませんが、2004年当時の技術レベルを考慮すれば、画期的でクオリティの高い意欲作に感じます。

漫画や小説などの映像化には厳しい批判はつきもので、原作への思い入れが強い程過剰に反応してしまう気持ちはよくわかります。
今作もストーリーをかなり簡略化し恋愛要素を強めに描いていますので、本来のハードSF作品の色合いが弱い。熱烈なファンにとっては様々な"言い分"があると思います。
個人的には、「迫力あるアクションが堪能できるラブSF作品」として充分楽しめますけどね。抜群にセンスの良さを感じる音楽もいいんです!

最近は原作の映像化に関する賛否はナンセンスに思えて、映像化された作品は原作とは"別物"と捉えるようにして、できるだけ公平に評価したいと思っています。
三池崇史監督作『テラフォーマーズ』は許せませんけどね 笑。同じ理由で『ジョジョ』も不安しかありません!

先日観た『ゴースト・イン・ザ・シェル』が良かったので、今作も実写化したら面白いと思うんですけどねぇ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)