赤ひげの作品情報・感想・評価

「赤ひげ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「赤ひげ」
1965/4/3公開 日本作品 2017-170
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

人間愛バンザイ!!
決して社会に対する怒りを忘れない老医師の赤ひげと、長崎帰りの若い医師・保本登との師弟の物語を通して、成長していく若い医師と貧しい暮らしの中で生きる人々の温かい人間愛を見事に描いていますね。特に後半のおとよの演技が素晴らしく、表情がどんどん変わっていくのが凄いですね!
井戸のシーンは胸がいっぱいになります。そして違う意味ですが大女優杉村春子が大根で殴られるシーンは衝撃です(笑)
本作は三船敏郎にとって最後の黒澤映画となり、黒澤監督にとっても最後の「モノクロ映画作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となりました。徹底的にリアリティを追求してるのも納得ですね。
「モノクロ作品」なのに三船敏郎が髭を赤く染めたエピソードも有名です。
本当に人間臭く良い作品です!!

監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎、加山雄三。原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」で、江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描く。また後半のおとよの物語はドストエフスキーの「虐げられた人びと」をベースにしている。
黒澤明最後の三船敏郎起用映画であり最後のモノクロ映画
何故これほどまでに素晴らしい映画を作ることができるのでしょうか…
「人の短い一生ではあまりに足りない、だから名作と呼ばれる本や映画が必要なのだ」
これは黒澤明本人の残した言葉ですが、まさに今作はそういう意味でも必ず観ておくべき映画だと言えると思います
本当に学ぶことが多かったし、とても心が救われました
3時間という尺だけど、さすが黒澤明、最後まで夢中になります
若いうちに出会えてよかった

あと、白い雪の降る冬が映えますね
三船敏郎ほどの日本の俳優はいない!まだ2作しか観ていないですがこの魅力は計り知れない。リメイクをしようとしてもできる俳優がいない。しいてゆえば渡辺謙ぐらいかな!
つくり込みうるさく、さまざまことに厳しい黒澤明が三船に惚れ込み、演技などほとんど思うままにさせるのも納得。この人がでてくるだけで迫力がある。保本が彼に惚れ込み成長していくだけの説得力がある!!
やくざ相手の大立ち回りなんか痺れる。
サモハン、ジェイソンボーンなみに関節を折っていく元祖ポキポキおじさん。

各エピソードが良くて良くて。。
人間としての貧しさとはお金がないことではないと感じた。普遍的なテーマ。

加山雄三若すぎて途中まで気づかなかった。関係ないですが加山雄三トリュビュート新世界てアルバムが最高です!
長いは長いけど面白い。
多分ドラマ化するのが一番かとは少し思う。短編集的な作りと言える。

赤ひげと呼ばれる医者が長である小石川診療所に配属された保本登は、エリート医者ではあるが若さゆえの無知により赤ひげのやり方に反発する。
しかし、そんな彼が様々なこの世の不条理とそれに対して医者ができることのちっぽけさ、ひいては自分の未熟さを自覚して、成長していく物語。

流石黒沢というべきか一つ一つのシーンの作り込みが尋常ではない。
凄まじい陰影のついたライティング(白黒映画なら余計難しいと思う)
常に画面上に厳然とあり続ける自然現象。
佐八が始めておなかと出会うシーンの降雪の美しさは忘れ難い。

後半は、保本と彼の初めての患者であり幼い身なのに娼婦として働かされているおとよとの交流に焦点が絞られるが、これがまた泣ける。
幼い頃から過酷な人生を歩み続けてきたおかげで、完全に世を恨み猜疑心の固まりのような眼をしていた彼女が次第に保本や診療所の人々に心を開いていく、そして遂には大切な人を見つけていく過程が丁寧に描かれる。
それまで、救いのないような悲恋や狂気が展開されていたからこそ、このエピソードに示される希望がより美しく見える。
そして、この残酷な現実を耐え続けているおとよのような人を救い希望を与えるということに、医者という職業が持つギリギリの意義を感じる。

アウトローのトムクルーズばりに、敵の骨を折りまくる赤ひげのバイオレンスもグー!
まに

まにの感想・評価

4.5
日本医療界にブラック精神を叩き込んだ戦犯赤ひげ
ハートウォーミングで勤勉な医者になりたいものだね
masaru630

masaru630の感想・評価

3.8
当初はエリートになることしか頭になかった若き町医者が恩師や患者との触れ合いの中で仕事の意義について見つめ直す物語。
現在自分の置かれている境遇に対して不満を持っているキャリア志向の人たちに是非見て欲しい作品。
E2Crimson

E2Crimsonの感想・評価

4.5
黒澤映画にはずれなし!
臨床医のやりがいとは何かを再考させられる。目の前の患者を救うこと、そして病だけでなく、その心や生活背景を含む人としての患者、そして家族全体を救うことが使命であり、やりがいであるのだ。現在、家庭医療総合診療と叫ばれるものの原型はとっくの昔に完成されていたのだった。
カク

カクの感想・評価

4.0
学生時代に見たとき、若かりし頃の加山雄三がほんとうにかっこよくて加山雄三の顔ばっかりみてた記憶があります めっちゃいい話です
>|