赤ひげの作品情報・感想・評価

「赤ひげ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「赤ひげ」
1965/4/3公開 日本作品 2017-170
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

人間愛バンザイ!!
決して社会に対する怒りを忘れない老医師の赤ひげと、長崎帰りの若い医師・保本登との師弟の物語を通して、成長していく若い医師と貧しい暮らしの中で生きる人々の温かい人間愛を見事に描いていますね。特に後半のおとよの演技が素晴らしく、表情がどんどん変わっていくのが凄いですね!
井戸のシーンは胸がいっぱいになります。そして違う意味ですが大女優杉村春子が大根で殴られるシーンは衝撃です(笑)
本作は三船敏郎にとって最後の黒澤映画となり、黒澤監督にとっても最後の「モノクロ映画作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となりました。徹底的にリアリティを追求してるのも納得ですね。
「モノクロ作品」なのに三船敏郎が髭を赤く染めたエピソードも有名です。
本当に人間臭く良い作品です!!

監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎、加山雄三。原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」で、江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描く。また後半のおとよの物語はドストエフスキーの「虐げられた人びと」をベースにしている。
なんか人情エピソードを羅列した感じで、まとまりねぇなぁ、と思った。

赤ひげ先生、見た目どう見ても堅気じゃ無いけど、優しい。賢い。あと、腕っぷしも強い。

パーフェクト人間やわ、逆に嘘くせぇ!
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.5
七人の侍、小津作品、若大将の俳優人が並ぶ
豪華である。東宝映画。

185分、相当の覚悟で観始めたがストーリーが飽きさせずラストまでいけた。面白い❗️

『お前はバカだ』の台詞がよかった映画はそんなにないよ。
赤ひげ先生いいよ、とっても☺️
人間らしくやさしく、腕っぷしも強くて
いませんよ、あんないい人。付いて行きたい人です。

もっと重く暗い映画と思っていた
もちろん病で亡くなっていく人達のエピソードもありつらい場面もある。

それをラストで払い除けてくれる。
保本は人生を決める。実際の加山雄三も俳優業の決心をした映画だそうだ。

wiki作品情報でこの映画の制作に時間がかかり封切が延び延び、その代わり本多猪四郎監督のゴジラシリーズの『三大怪獣 地球最大の決戦』を制作したと書いてあって、この作品を観る運命を感じた。にこ笑

まさか赤ひげからゴジラに繋がるなんてビックリです!

パシフィックとリンクしてる~私だけの話です。
それに私は三大怪獣…は怪獣映画で一番好き❗️なんです。😆

黒澤監督はやはり凄い人です。
三船敏郎も少し渋くなりいい役者です。
三船と黒澤が組んだ最後の作品にして、赤ひげは三船成長物語としての集大成的な役どころ。
赤ひげ登場シーンの目ヂカラえぐい。
物語が出来すぎてて面白みに欠けるけど、やっぱり映像の力が物凄い。
黒澤作品は見る度に、金輪際こんな映像絶対取れない(予算的、そして、コンプライアンス的に)と思うけど、瓦礫の山に覆われる震災のシーンとか、もれなく赤ひげも同様。
特に影を使った演出がカッコいい。
一体どれだけ強い照明使っているのか…

2018-86
nobu

nobuの感想・評価

4.8
黒澤映画って、やっぱりスゴイ!
黒沢明 三船敏郎 加山雄三
泣ける。感動した。
若い山崎努が出演。
Kou

Kouの感想・評価

3.5
長い!けれどつまらない訳ではないので意外に飽きずに見られると思う。赤ひげ先生の志を持った生き方、そしてその志を貫くには善も悪も解釈の違いでしかないのかもと考えさせられる作品
やっぱ深いな〰️、深い!
黒沢監督の人間愛の深さを感じ取れる作品です。
貴方にもお薦めしたいなー!
そして、改めて加山雄三は優しくてかっこいいね✨
Iman

Imanの感想・評価

4.2
セリフ一つ一つが凄い。
>|