赤ひげの作品情報・感想・評価

「赤ひげ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「赤ひげ」
1965/4/3公開 日本作品 2017-170
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

人間愛バンザイ!!
決して社会に対する怒りを忘れない老医師の赤ひげと、長崎帰りの若い医師・保本登との師弟の物語を通して、成長していく若い医師と貧しい暮らしの中で生きる人々の温かい人間愛を見事に描いていますね。特に後半のおとよの演技が素晴らしく、表情がどんどん変わっていくのが凄いですね!
井戸のシーンは胸がいっぱいになります。そして違う意味ですが大女優杉村春子が大根で殴られるシーンは衝撃です(笑)
本作は三船敏郎にとって最後の黒澤映画となり、黒澤監督にとっても最後の「モノクロ映画作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となりました。徹底的にリアリティを追求してるのも納得ですね。
「モノクロ作品」なのに三船敏郎が髭を赤く染めたエピソードも有名です。
本当に人間臭く良い作品です!!

監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎、加山雄三。原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」で、江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描く。また後半のおとよの物語はドストエフスキーの「虐げられた人びと」をベースにしている。
nnm

nnmの感想・評価

4.5
こんなに心震わす人間ドラマとは知らず。中盤以降の吸引力がすごい。1年クールでやってるドラマみたい。病床の病人の表情の撮り方結構びっくりした。流石です。
終わりの寂しいような軽やかさ、黒澤監督独特の軽やかさと思う。感動が後ひいて泣ける。
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.02.20 on dvd
-----------------------------------
剣がなくても強すぎる
-----------------------------------
黒澤&三船 鑑賞3作目

赤ひげ個人にスポットを当てた作品と思いきや、見習い医師 加山雄三の成長と診療所に訪れる色々な患者を通して見える赤ひげとはを描いた物語。見所は真の主人公 加山雄三の赤ひげに対する気持ちの変化と、今回は素手で輩をぶっ倒す(ボッギボギ..)三船敏郎の立ち回り。

かなり丁寧に描かれているので、これはこれでいいんだけど、赤ひげが今の境地になるまでを描いた作品も観て見てみたい。
HIRO

HIROの感想・評価

4.1
真心なんだよねぇ、黒澤映画って。
あったかい感じになるんだよね。
namuge

namugeの感想・評価

-
三船敏郎の目力ですよね、やっぱり。
喧嘩の場面ではいつもの三船敏郎やってて笑った。
yapo

yapoの感想・評価

5.0
上映時間は三時間。序盤~中盤までは暗い雰囲気がどんどん濃くなっていくので初見ではそこが一番苦しいと思う。が、中盤以降、光が差したように視界が一気に明るく開け最後は笑顔で終わる。そんな気持ちの良い映画。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「赤ひげ」‬
‪本作は全く壮大性が無いものの180分越えと言う人間ドラマになっており、江戸後期を舞台に貧困に喘ぎ苦しむ人々を知識豊富な医師と若医師を通して成長して行く物語…オープンセットのクオリティは高くスタッフの力量が分かる。更に白黒でありながら赤く髭を染める徹底振りは流石黒澤!の一言だ‬
mika

mikaの感想・評価

3.5
医者としての三船敏郎かと思ったら、ケンカ始めだして笑った。
ボコボコにしてから、「こんな暴力はいけない」に笑った。
>|