赤ひげの作品情報・感想・評価

「赤ひげ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「赤ひげ」
1965/4/3公開 日本作品 2017-170
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

人間愛バンザイ!!
決して社会に対する怒りを忘れない老医師の赤ひげと、長崎帰りの若い医師・保本登との師弟の物語を通して、成長していく若い医師と貧しい暮らしの中で生きる人々の温かい人間愛を見事に描いていますね。特に後半のおとよの演技が素晴らしく、表情がどんどん変わっていくのが凄いですね!
井戸のシーンは胸がいっぱいになります。そして違う意味ですが大女優杉村春子が大根で殴られるシーンは衝撃です(笑)
本作は三船敏郎にとって最後の黒澤映画となり、黒澤監督にとっても最後の「モノクロ映画作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となりました。徹底的にリアリティを追求してるのも納得ですね。
「モノクロ作品」なのに三船敏郎が髭を赤く染めたエピソードも有名です。
本当に人間臭く良い作品です!!

監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎、加山雄三。原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」で、江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描く。また後半のおとよの物語はドストエフスキーの「虐げられた人びと」をベースにしている。
いとそ

いとその感想・評価

4.3
黒澤のヒューマニズム精神をそのままメロディにしたようなオーケストラの劇伴がすごく良い。チンピラをボコしておいて「医者ともあろう者がこういうことをしてはいけない」とか言っちゃう赤ひげ、というか三船敏郎のお茶目っぷり。3時間の長尺に詰め込まれた個々のエピソードの全てが濃く、保本の成長に繋がっていく流れが美しい。加山雄三の絶妙に青臭い演技もええね
Kur

Kurの感想・評価

4.5
ここぞってとこで美人が出てくるのはすごいなと思う
だりあ

だりあの感想・評価

4.5
黒澤明黄金期の最終作と呼べる作品。
最後の三船敏郎出演、白黒作品、東宝専属作品と節目の要素が多い。
180分と長尺だが、並みの作品ならそれだけで単独で映画になりそうなエピソードが4つ程連続するので飽きが来ない。それらが繋がって保本の成長物語になっている構成が、見事の一言。

戦乱の無い江戸時代の話ながらアクションもあったり、ところどころで笑いも入る豪華な娯楽映画。
最後は爽やかな感動で締められる名作。
KnI

KnIの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

黒澤にとって最後の「白黒作品」であり
黒澤にとって最後の「三船出演」作品。

訪問リハビリテーションを行なっている割と名の知れた方の講演会で、こんな事を話していた。
「私はね、なるべく患者さんのアルバムを、ご家族さんから見せて頂くようにしてるんですよ」と。
そうすることで、患者の背景を知り、相手の事をより考えて介入できるという。その逆に患者に深入りする事は、客観的な判断が出来なくなると主張する者もいる。
津川のように患者を「病を持った人間」としか捉えないのか、それとも「一個人の人」として見るのか。
自分は医療に人間的な繋がりがあっていいと思う。
保本は患者の人生と通じることで、一口に言えない医療の深遠さを見た。そして、赤ひげのようになると決めた。

何が正しいかは分からない。
けれど医療に限らず、このヒューマニズムの肯定こそが、現代に足りていない気がする。


事務局オフタイム【第147回】「赤ひげ」
https://youtu.be/8EzAIzowJuE
こころが締め付けられる思いで観入ってしまった。保本とおとよの気持ちの変化はとてもあたたかい。科学的に病気を治す大変さもあるが、貧困による心の病の治療はより難しいと感じた。また雪がとても綺麗だった。129
香川京子さんの妖しく美しく恐ろしい狂女の演技に戦慄。子供が出てくるドラマには弱いのよ。。。
naonyan

naonyanの感想・評価

4.5
BSを録画しておいたものの、音声が聞き取りづらく字幕も出ないので、15分ぐらい見たところでずーっと放置しておりましたが、風邪をひき、外へも出られずやることもなく、やっと鑑賞しました。
あまりに泣き過ぎ、風邪もひどいので、気がついたら周りはティッシュだらけ。頭は余計に痛くなったし体調最悪ですが、赤ひげ!凄かったです。
書きたいことが沢山ありすぎますが、これはすごい。女性の美しさに、三船敏郎と加山雄三のイケメンぶり。もう私なんぞが言うことはありません。大根に聞こえるセリフ回しも味があるし、夏の風鈴、豪雨、雪景色、全てが美しい。文句なしの傑作だと思いました。
>|