mingo

美貌の都のmingoのレビュー・感想・評価

美貌の都(1957年製作の映画)
3.7
「白い崖」の腐りきった木村功を思い出さずにいられない、自分に惚れた女や自分が捨てた女には興味が無いけど、自分を捨てた女には未練タラタラという女の腐ったようなクソ野郎がよく似合うよ全く。小林桂樹と淡路恵子この2人がいないと物語が絶望的に暗いのでほんと助かった神様仏様桂樹様。司葉子と環三千世のキャットファイトは昼ドラか、司葉子様のズベ公役はレアすぎる。監督は「社長」シリーズの松林宗恵、手堅い演出だが意外にも面白く観れた。