トイ・ストーリーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

トイ・ストーリー1995年製作の映画)

TOY STORY

製作国:

上映時間:81分

ジャンル:

3.9

「トイ・ストーリー」に投稿された感想・評価

jumo

jumoの感想・評価

3.7
唐沢寿明が好きすぎてウッディのことを唐沢寿明としてしか見られない病気
おもちゃたちをまとめるリーダー的な存在の唐沢寿明って…可愛すぎて頭狂っちゃうところだった!

あともうシドが怖すぎて、こういう子が中学校の講堂に機関銃持ち込んで世の中狂ってるってぶっ放すんだよ(純度100%の固定観念でお届けしてます)
家族に対する態度の差とかもう闇しか感じないよ…妹ちゃん、まっすぐそのままいい子に育ってくれ〜

(最近のピクサーって序盤から泣かせるよな〜って思ってたけど受取手の問題だわ、一作目にしてもガシガシに泣けたわ…歳かな???)
本当に時代に置いていかれない物語。
もちろんCGアニメーションの技術には時代を感じるけど、この二人が友情を築くまでの物語は今でもかわらず心温まる
今まで何度もみた作品

なのに、はじめて泣いたー(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)!!

3は泣けたけど1でも泣けるなんて!

私のお豆腐メンタルが情緒不安定だったわけでなく( ・ὢ・ ) ?!笑笑

1→2→3と繰り返してるあいだにウッディ&バズの2人の成長を感じたり、友情に感動したり🥺

最初に戻る事でいろんな感情が押し寄せて泣けてきちゃいました😭😭‼️

きっとピクサーの原点であろう今作に込められた想いを想像するだけで泣けてくる(꒦ິ⌑︎꒦ີ)✧︎*。

小さい頃は、シドのおもちゃが怖かった!
でも大きくなってもやっぱり怖い!!笑

わんちゃん🐶って、大抵可愛いのにシドのわんちゃん可愛くない!!笑

トイストーリーは、なんだかんだ毎回吹き替えでみちゃいます。

3が好きで最近よくみてたけど、1もやっぱりいい😳💓
TK

TKの感想・評価

4.3
大好きなシリーズ
シドみたいなオモチャ改造するやつの闇が深い。
KUBO

KUBOの感想・評価

5.0
「4」公開前に旧作の復習。

もう名作すぎて、懐かしすぎて、全てが愛おしい。

公開した1995年は長男が生まれた年。映画を見た後、なんとしてもウディとバズのフィギュアがほしくて、今はディズニーストアでいくらでも売ってるけど、その当時はまだ普通には売ってなくて、原宿のホビー屋さんで見つけて直輸入のフィギュアを買った。だからバズは「無限の彼方へさあ行くぞ」とは言わず「To infinity and beyond!」って言ってたから、息子もそれで覚えて「あんびやん!」って言ってた。

ウディって、最初は結構ひどいヤツだったよね。ヤキモチ焼くのはわかるけど、行動がかなりストレートだし。

スペースレンジャーだと勘違いしてるバズとのコンビが最高に楽しくて、「このオモチャは飛びません」がおかしくて、悲しくて。

それにしても、ひとつの作品で主役以外にこれだけたくさんの人気キャラクターを生み出したのも珍しい。クレーンゲームの中で「選ばれた〜」とか、もう最高!

グリーンアーミーメンにバリまで付いてたり、オモチャ同士で魚雷戦ゲームやってたり、細かいところまでネタ満載だし、ジョン・ラセターのこだわりのほどがよく伝わってくる。

もちろん人や犬の表現などCG技術は現在のものには劣るが、これが全ての出発点! 何もかもが素晴らしくて、愛おしくて。

まだ子どもが小さかった頃、幸せな時間とつながっている特別な作品です。
隣のおうちはシャイニング屋敷。
masa

masaの感想・評価

-
記録用
しんや

しんやの感想・評価

2.5
友達から進められて鑑賞。童心をすっかり失った自分には大変退屈な映画。でも画像は確かに美しく、作り手の苦労については理解できる。吹き替えで見たため、唐沢さんのウッディの表現力にはとても素晴らしいと感じた。ということで友人と約束しているので2も今から見る。
>|