円柱野郎

トイ・ストーリーの円柱野郎のネタバレレビュー・内容・結末

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

この当時においてフルCGアニメによる初の長編作品というだけでもチャレンジングなのに、テンポ良く練り上げられたストーリーが面白くて作品全体の質が高い。
この映画のベースになったピクサーの短編「ティン・トイ」はオモチャに自我がある世界を描いていたけど、この作品ではウッディをはじめとする登場するオモチャ達が、もっと自覚的にオモチャであることを認識している。
そこに「自分は本物のスペースレンジャーだ」と思い込んでいるキャラ…バズ・ライトイヤーが来たことによる、認識ギャップを描いたコメディとなるなわけだ。
“オモチャであるかスペースレンジャーであるか”という現実を、ストーリーの中で「飛べる」「飛べない」「かっこよく墜ちているだけ」という彼の自己認識のセリフによって端的に成長として描いていしまうのだから、分かりやすいし感動もするし…脚本にはとても感心した。
その上に、他人を妬んではいけない、オモチャは大事にしないといけないという教訓まで入れ込んでくるのだから大したもの。

この時代のCGについては、無機物は描けても生きものの表現はまだまだ難しい。
だからこそそれを逆手にとって無機物のオモチャたちを主人公にしてしまうという発想が良いよね。
人間の生々しさはまだまだだけど、逆にオモチャたちが生き生きと動く世界。
バズ・ライトイヤーのどこかとぼけた気真面目なキャラクターが実に面白いw
Mr.ポテトヘッドの皮肉屋なところも好きだな。
大人が観ても耐えられるストーリーのクオリティによって、いつの間にか童心に帰ってしまう、そんな良い作品だと思います。