GEN

愛しのローズマリーのGENのレビュー・感想・評価

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)
3.4
映画としてはとても楽しかったデース‼️
ただ、見た目を重視する考え方が悪い…って、ちょっと違うかな?と。ま、本作が極端過ぎるからなんだけど。外見は、人を判断する一つの要素だし、なんだか腑に落ちない感じが… 美醜の問題は非常に難しいってことですね。判断もその人の主観によるものだし。

あ、あと随分前にテレビで観た「ハンサムスーツ」も同じようなテーマでしたが、あちらは完全に失敗してましたね。酷かった。笑