アイアンマン

ビッグ・フィッシュのアイアンマンのレビュー・感想・評価

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)
4.8
「ビッグ・フィッシュ」という題名だが
「ビッグ・マウス」な親父のファンタジー。

<最初の感想>
坦々と続くストーリー展開に正直少々
退屈さがあったような(・_・;…

<途中の感想>
ファンタジックな映像の中ににコミュカルさが交わり段々と作品にハマってしまう。
途中「そんなアホな事、あるんかい!」と
突っ込みたくなるシーンも多々あり(笑)…

<ラストシーン>
今までの長いホラ吹き親父の人生回顧録の
意味&真実が明らかにされ途中、涙なくして
は観れなくなる(T_T)

<観終わった時>
すぐもう一度、また繰り返し最初から観直したくなるこんなタイプの映画は初めて!!
人の死を「お涙ちょうだい」的に扱う感動作ではなく、ホラ吹き親父の人生や生き方に感動するT^T

「人は誰でも、一生涯で1冊の本が、必ず書ける。それは自分の人生回顧録。それがこの映画!」と勧めてくれた知人に感謝 m(_ _)m