GURUPORU

ビッグ・フィッシュのGURUPORUのレビュー・感想・評価

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)
4.1
映画の構成はTHE ティム・バートン でした。音楽家も一緒なためあの独特のイメージは変わらないですね。ナレーションと一緒にスラスラ物語が進んでいく形です(笑)少し目を離すと物語が一つ終わっているかもしれないというくらいスムーズかつたくさんの物語が埋め込まれていました。

内容はフィクションと感動物語の融合で鑑賞中ユーモアもありながら泣いていました。意図をつかみにくいですが、父が描くありえないエピソードには人と人ととをつなぐ大切な意味があり、それを理解できない子の葛藤、嘘つきな父だと決めつけてしまう気持ちのどちらにも共感でき複雑な気持ちになりましたが最後わかりあえて理解できたときにはとても感動しました。あんな親になりたいと思います。辛いことや何でもなかったエピソードを冒険物語の様に語れるのは人生を今以上に楽しめる技だと思いますし人をも呼び寄せる力だなと思いました