YUI

ビッグ・フィッシュのYUIのレビュー・感想・評価

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)
4.0
〜おとぎ話のような、不思議かつ美しい物語〜

映画ファンの方々から高い人気を誇る作品。
水仙畑の美しいポスターに惹かれ、やっと鑑賞。

"お父さんのホラ話"として始まった物語ですが、どんな展開になるのか想像できずに観ていると...ラストで見事にやられました。こんな感動的な話に繋がるとは...

そして世界観が素敵!
とくに「スペクター」は色彩も世界観も美しい...私もいつか訪れてみたいなぁ...なんて。(笑)

この作品には主人公エドワードを中心に描かれていますが、個性豊かな登場人物が多かったり、印象的なシーンが多かったりと、見どころが多いので観ていて飽きないんですよね。
"ビッグ・フィッシュの好きなシーンは?"と聞かれると人によって違うシーンが思い浮かぶのではないでしょうか。

ちなみに私のお気に入りシーンはエドワードとサンドラが出会うシーン。
「運命的な出会いの瞬間はスローモーションになる」というのがなんともロマンチック。
騒がしいサーカスがピタッと止まり、宙に浮かんだポップコーンをかき分けてサンドラに向かって歩いていく...という演出がすごく"エモい"というか、強く印象に残りました。

そして"ホラ話"のシーンだけでなく、エドワードとウィルの親子関係にも感動。
ウィルは父親のホラ話にうんざりして"その話前も聞いたよ!"と苛立ち、父親と何年もの間連絡を取らなかったものの、"父の容態が悪化している"という連絡を受け久々に再会する2人。

病室でのシーンは涙が止まらなかったです...
「アベンジャーズ エンドゲーム 」の"湖のシーン"でもそうでしたが、その人物の人生に関わってきた人が全員集まる、という構成には弱いです...どうしても泣いてしまう...😭

ティム・バートンは"鬼才"と呼ばれるだけあって独特な世界観を持つ作品が多く、人によっては"あまり好みじゃない...”と避けてしまう人も多いですが、今作はそんな人でも比較的親しみやすい作品だと思います。