ビッグ・フィッシュのネタバレレビュー・内容・結末

ビッグ・フィッシュ2003年製作の映画)

BIG FISH

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ビッグ・フィッシュ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

昔から父の作り話を聴いて育った主人公だが、いつまでも“法螺話”を辞めない父に嫌気がさしていた。
死期迫る父が最期に息子に語る、父自身の物語。これは事実の回想かいつもの法螺話か。
リアルとファンタジーの境目のグラデーションが絶妙に描かれ、まるで夢の中にいるかのよう。
“法螺吹き”の最期の日、夫婦愛を確かめ、拗れていた父子愛は解かれていく。そして全てが繋がるラストで必ず泣いてしまう。
この映画と『ライフ・オブ・パイ 』を観て、多少の脚色が人生を豊かにすると教わった。
現実と非現実の割合がちょうど良い。ファンタジー過ぎなくて良かった!
今までは父の話を嫌がっていた息子が最後にしてあげるお話が素敵すぎてぶわあ~〜ってなった。
街の雰囲気が可愛かった!靴ぶら下がってるのとか!
最後の話は受け継がれそして永遠に彼は生きる的な感じで終わって、いい言葉だな〜ってなった
ファンタジーと現実がごっちゃになって、頭がくらくらしながら観ていた。
正直この父親の生き方には憧れはしないけど、羨ましくも思った。
最後の、亡くなる前の父親に息子が作り話をするシーン‪(父親がビッグフィッシュになって川に帰る‪)‬だけ、良かった。

ただそこまでが退屈…。
ポップコーンが空中に止まってるの良い
ブシェミはここでも強盗してて笑った
ちょっと不思議で素敵な、心温まるお話。
観終わってからもホカホカ(*´꒳`*)

ユアン・マクレガー✖️ティム・バートンなだけでも惹かれるのに、マリオン・コティヤールとかスティーブ・ブシェミとか…。
魅力的、個性的なキャストがいっぱいでヤッター!でした✨

ティム監督の、色鮮やかで夢みたいな映像がやっぱり良い。
好きなシーンもたくさんあって幸せになった。
一番は、庭いっぱいの黄色い水仙のところ。素敵すぎる…。
あの迷い込んだ村でみんなでダンスしてる時に、ぐるぐる回る場面でブシェミが満面の笑みでついてくるの笑えた。

お父さんの語ってたお話は、どこまでが本当の事なのかは分からない。
けど何でもない出来事にファンタジーを添えて、面白く楽しい話にして子供に聞かせるのがきっとお父さんの愛だったんだと思うし、素敵な人だった!
ラスト、お葬式にみんなが集まるところ良かったな。

現実とファンタジーの融合みたいなストーリーも好きだったし、ユアン・マクレガーの魅力も再確認。
あの笑顔がいいんですよねぇ( ´ ∇ ` )
わたしが死ぬ時、周りにどんな人がいるんだろうね

今まで聞かせてきた話が最期に自分の息子によって最高のハッピーエンドで締めくくってくれたら父にとってこんな嬉しいことはないんじゃないかな。
またその話が孫にも継がれて忘れないでいてくれるようになるなんて、人の人生は不思議がいっぱい
2019.19本目

感動するという評価を見たので視聴

ティムバートンが監督ということで
世界観がとっても素敵
めちゃくちゃ私好み

スペクターの街
奥さんにアプローチするための飛行機雲のI love you
庭一面の水仙の花
フリークサーカス
ガラスの目に最期のときを映す魔女

飽きなかったし面白かったけど、
正直ラストは、ん?感動作なのか、、?となってしまった
私にはしっくりこない映画だったけど面白かったので3.7

「人生はおとぎ話のようなものだ」が
キャッチフレーズ(?)なのかな?
つまらない現実を生きるより、
楽しい空想の世界を現実にしてしまえ!
人生は予想外のことが起きる!
ということを伝えたいのかな
それだったら十分に伝わりました
人生何が起こるかわからないよね
>|