ビッグ・フィッシュの作品情報・感想・評価・動画配信

ビッグ・フィッシュ2003年製作の映画)

Big Fish

上映日:2004年05月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

「ビッグ・フィッシュ」に投稿された感想・評価

tama

tamaの感想・評価

4.1
わたしはティムバートンの良さはあまりわからない方なんだけど、この作品は本当に好き。
もうなんと言い表したらいいのかわからないくらい。
自分の人生をこんなに素敵に語れるお父さん、眩しく見えるその姿に劣等感を覚えてしまう息子、「時が解決する」とは言うけど時はとても残酷で、溝を深めていくし実際に感じるよりも早く流れているから後悔してしまうよね。
って無駄な話をしてしまったけどとにかく何もかも素敵なお話。
こんな人生を生きたい。
cokey

cokeyの感想・評価

3.5
ファンタジーが素敵な世界観!

現実は食卓やベッドで話をしているだけなのに壮大な旅をしているよう。
Tsubaki30

Tsubaki30の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんか、生き方を考えさせられる映画。
ありのままを伝えるより、少し脚色して伝えた方が面白いでしょ、夢があるでしょ。
最後の最期にそれを理解する息子。
後からも、ジワリと来る作品。
723

723の感想・評価

4.0
過去ログ
かぼす

かぼすの感想・評価

4.5
あんなに否定していた空想を父親の文脈に倣って話し始めるところで泣いた。理解されない父親は悲しいとは言ったけどちゃんと理解し合えてた。
空想を以ってその人となりを表現するって事と最後の全員集合がフェリーニの8 1/2と重なる。
パラシュート前のカウントダウンからのウィンクがめっちゃ可愛かった!

このレビューはネタバレを含みます

絵空事の中を歩くように、自分を語る父の話。
そんな彼だからこそ、周りには人が集まり、また皆が彼の話をする。

彼が語って聞かせる夢の断片が進んでいく構成が目に楽しい。
衝撃的な出産から始まり。大きな魚と指輪。魔女のガラスの目に映った自分の死。大男との道のり、森を抜けた先の夢のような町と少女。サーカス団、恋に落ち時間が止まる瞬間。窓を開けた先の一面の黄水仙。詩人の男と銀行強盗。軍での大立ち回りで出会ったシャム双生児の娘。

夢の断片を受け取って育った息子が父に語る、全てが集約して皆で幸せに綴じる、最期の瞬間。


ティム・バートンらしい、夢と現実の同居した世界を満喫出来ました。
バスタブに入る二人の姿が良い。最愛の人。

ヘレナボナムカーター好きだなあ。魔女と、村娘の成長した姿と、老いた姿の三役。

ミルクコーヒーで、ライ麦パンとクリームチーズを食べながらの視聴。

黄水仙が特別な花になりましたね。
MN88

MN88の感想・評価

-
記録用。
餡子

餡子の感想・評価

3.9
最後まで観終わったとき、ああすごいよかったって感じる映画

黄色の水仙綺麗だった
ファンタジーとリアルがいい感じに混じってて
なんかまたみたいなって思える

いつものことやけどティムバートン作品は常連の人たちがたくさん
私はチャーリーとチョコレート工場大好きだからそれベースで観てしまいがち
バイオレットのお母さんもウンパルンパも
ヘレナボナムカーターが珍しく綺麗で美しい役(もあった笑)
チャーリーの家と同じくらい傾いたドアも出てくる
ketsu

ketsuの感想・評価

4.3
斬新なSFアドベンチャーandヒューマンドラマで飽きずに最後まで見れました。
ポスターにもなってる水仙のシーン3150
若い頃の嫁綺麗過ぎ。そして主人公の嫁ゲットの決意と行動力は見習うべきね。
余

余の感想・評価

4.8
好き
>|