ビッグ・フィッシュの作品情報・感想・評価

ビッグ・フィッシュ2003年製作の映画)

Big Fish

上映日:2004年05月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

「ビッグ・フィッシュ」に投稿された感想・評価

七麦

七麦の感想・評価

-
人生の出来事を物語にして聞かせる事が好きな父親に育てられた息子。その物語は人を楽しませ、父親自身も周囲の人から好かれていたが、大きくなった息子は周りの人が思うように父親のことを受け止める事が出来ずにいた。父親も歳をとり、息子も子供の親になるというタイミングで、どうにか父のことを理解したいと思う息子のおはなし。

演出や構成やアートワークがおとぎ話のような雰囲気を出していて、ストーリーにぴったりだと思った。

序盤は、お茶目なお父さんなんだなあと思っていたが、中盤から後半にかけて息子が感じたように、もしかして本当なの?と、事実と答え合わせをしながら、驚きと愛情を感じるところがよかった!
めぐ

めぐの感想・評価

3.6
世界観すてきだし心あったまる
作り話のところがほとんどなのに飽きずに見れるのすごい
でも、なんで息子はお父さんにあんなに急に愛着わいたんだろうともおもう
mimi

mimiの感想・評価

3.5
ほっこりする話しでした。
監督の映画は誰もが傷つかない話が多いので好きです。
あと映像が綺麗。色味とか。
torakage

torakageの感想・評価

4.0
いつまでも”ほら話”をする父親が許せない息子。その父が病に倒れ、関係の修復を試みるが…。

久しぶりに見たけど大好き。人生”正しい”のも大切だけど”楽しい”のは人生を豊かにする。
Momona

Momonaの感想・評価

3.8
温かい気持ちになった。一緒に見てた友達は爆睡してたけど。
Mii

Miiの感想・評価

3.5
その話が本当か嘘か。
そこにはそれ程意味がなくて。
必要じゃなかった。

それに気づいて。
父親の深みを知る、みたいな。

本当はつまらなくて退屈な日常も。
想像力さえあれば。

本当の部分と想像の部分が曖昧で。
だからこそ魅力的で。
そんな話を生み出せるパパは魅力的だ。

つまらない本当を追いかけるより。
楽しい空想や想像と共に。
ありえないホラ話しか吹き込まない父に嫌気がさした息子が父の真実を追い求める映画
つまらない現実より人を楽しませる面白いホラの方がいいというメッセージ性が入ってて良かった(決して全部が全部嘘ではなく嘘の中に真実を語ってるのも良かった)
息子が最期逆に父親に喜ばせるホラをするシーンに泣けた
のぞみ

のぞみの感想・評価

3.0
あからさまのホラ話をついついしてしまう愉快なお父さん。
そんな父親にうんざりしていた息子も最後にはやさしいファンタジーを父親のためにつくる。
死んだあとも愉快な話は残る、それがホラ話かなんてどうでもよくなる。
>|