ビッグ・フィッシュの作品情報・感想・評価

ビッグ・フィッシュ2003年製作の映画)

Big Fish

上映日:2004年05月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

「ビッグ・フィッシュ」に投稿された感想・評価

粗忽者

粗忽者の感想・評価

5.0
 ここまで自分に刺さる作品は初めてだと思います。
 父と子の物語であり、虚構を題材にしていて、死を一つのファクターとしています。そのどれもが自分のツボです。
 自分の中で重要な作品になりました。
Sanae

Sanaeの感想・評価

4.0
ティム・バートンらしさ全開!!
人生のとらえかた、生き方について考えさせられました。
色合いや世界観が大好きです。
ファンタジー大好きなのでたまらなかった どこまでが本当なのか分からないっていうのがまた良い 原作も読みたい
おじいさまとユアンマクレガーが一致できなくて アッ!となった。
オールドもヤングもトムハンクスがやったらより真実味とお涙が増すのでは?と思わせるトムハンクスはすげえな。
ヘレナボナムカーターとスティーブブシェミ、おるだけで濃過ぎて 気になり過ぎて辛かった。
これからもし一目惚れしてしまったら、最初に聞くのは好きな花の種類にしよう。かすみ草だったら抱きついちゃうな。
ティムバートン作品を観てみよう!ということで鑑賞。

すごく面白かったし、最後のシーンがよかったという記憶はあるんだけど、観てから時間がたつとあんまり印象に残ってない。。
もう一回見なきゃ。。
父エドワードが語る現実と空想の話。
自分の人生を奇想天外に語るほら吹きの父と信実を知りたいと思う息子。
空想が原因で距離を置いた息子。父の死期が近付いて身重の妻と父を訪ねたが空想ばかり。
ティム・バートン監督の不思議な世界観。
空想って僕はあまりしないけど、空想は人生を豊かにするよね。

ちょっと見るのに集中力が足りなかった。
りつん

りつんの感想・評価

3.8
映画館で観たかった( ; ; )
1つ1つ中身の詰まった可愛いほら話。

現実的な息子が
最後にお父さんに贈った
ほら話とっても素敵!!

ティムバートンのつくる
不思議で可愛い世界観 ❤︎

チャリーとチョコレート工場の小人いて
テンション上がった !

このレビューはネタバレを含みます

最後、父親の葬式シーンで父とゆかりのある人たちと息子が会話してるシーン(BGMのみで会話は聞こえない)が父親の作り話の答え合わせのようで良かった。多少盛ってるけど、本質は変わらない話だったみたいな。
>|