イチロヲ

エンター・ザ・ボイドのイチロヲのレビュー・感想・評価

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)
3.5
東京でドラッグの密売人をしているジャンキーの青年が、警官によって撃たれたその瞬間から、死者としての輪廻体験を繰り広げる。チベット密教の死生観を下敷きにして、「精神の在り処」についてを語っている人間ドラマ。鑑賞者にサイケデリック体験を促してくる演出が全編に施されている。

主人公の「魂」が観ている世界を一人称(または三人称)で描いていくのが基本スタイル。今現在の出来事を俯瞰で眺めたり、過去の出来事をフラッシュバックで追体験したりする。

主人公がこの世にいなくなってからの周囲の人間模様を自らが眺めていくパートは単純に面白い。しかし、フラッシュバックで主人公の生い立ちを語っていくパートは少しばかり退屈。

ドラッグ等によりトランス状態に入ると、「脳みそから完全に抹消されたはずの記憶」までもがフラッシュバックする現象が起こる。(いつかどこかで見た、床の模様、天井の柄といったものまでが目の前に顕れる)そういうショッキングな感覚を受け取りたかった。

舞台を東京の猥雑な一画にしたのは大正解。あらゆる文化が玉石混交している、東京そのものにアシッド感があるということを再発見できるのが楽しい。外国人から奇異な目で見られている「和式便器」の上で主人公が絶命するところもポイント。

物語自体には特筆する部分がなく、エキセントリックな映像世界をボケ~っと眺めるだけの鑑賞になりがちだが、チベット密教の経典「死者の書」が人生の必読書であることは確かなので、これだけでも抑えておいてもらいたい。読書がめんどうくさい人は、DVDで販売されている「NHKスペシャル チベット死者の書」がオススメ。

っていうか、他人のセックスを見ながら転生するのって、ど~なのよ。