劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲1998年製作の映画)

POCKET MONSTER: MIEWTWO STRIKES BAXK!

製作国:

上映時間:75分

3.8

「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」に投稿された感想・評価

YURINA

YURINAの感想・評価

4.0
ポケモンと同じ1996年生まれ。私の夏休みは毎年ポケモンとともにありました。

『ミュウツーの逆襲』は小さい頃に見て以来。Revolutionの公開もあり改めて見てみようかなと。
小さい頃から印象に残っているピカチュウが泣きながら攻撃し合うシーンは本当に痛々しくて大人なのに少し泣いちゃった。

テーマはクローン技術やテクノロジーといった理系的な要素と自我や存在意義といった哲学的文系的な要素を含んでおり、ポケモンがすごい作品であることを再認識すると同時に小さい頃からこんなに難しく深いテーマに触れていたのだなあと嬉しく誇らしくなった。

同時上映のピカチュウの夏休みも観ました。大人には少し単純な内容ですが鳴き声だけで感情が読み取れるポケモンのキャラクターたちは本当によく表現されていると思ったし、小さい頃からこれ見ていたら想像力も情緒も豊かになるよなぁとなんの根拠もなく思った。エンディングの歌詞が良くて少し泣きそうになるし、夏休みという時間が愛おしい。
10be1130

10be1130の感想・評価

5.0
なく😌
sukieiga39

sukieiga39の感想・評価

3.7
かわいすぎてむり
ミサキ

ミサキの感想・評価

4.0
あの例のシーンで毎回泣く。
自分の起源を憎む。本物になりたくて、本物を憎む。
なりたいものがあるふりをする。嘘でもなりたいものがあると言わないと生きてゆけない。ふりだとわかっているからこそ、もともとそうであるものを憎む。自分が座りたい椅子に、もうだれかが座っている。
ミュウツーはどうするか。自分の座る椅子を自分で作ることを選ぶ。
ミュウツーを見習うべき大人は、今の社会には多そう。
sai

saiの感想・評価

4.0
泣きながらピカチュウとコピーピカチュウが殴り合うシーンが悲しすぎる。
ポケモン史上最高の名作。

大人になってからの方が泣ける。
結構深めのテーマ。
翠

翠の感想・評価

4.5
初めて見た時は号泣した。傑作。
ピカチュウかわたん