Tig

J・エドガーのTigのレビュー・感想・評価

J・エドガー(2011年製作の映画)
3.8
FBIに多少興味があったので創設の経緯がJ.エドガーのバイオグラフィーと共に示されるストーリーに見入ってしまいました。
彼自身の悪業についてはかなり抑えた描写ですが、人間としてのJ.エドガーにはかなり深く突っ込んでいる内容。

当時はディカプリオの演技の迫力ハンパないなあって思ってたけど、近年どの作品でも知的で冷静なキャラからの〜激昂みたいなちょっとオーバーな演技が目立つような気がする…まあでも本作では、ある意味体当たりで素晴らしいんですが。

J.エドガーが権力を掌握していく過程で暴走していくところが見所。見終わった後に彼について調べてみると、結構面白いですね。やり過ぎだろ!