J・エドガーの作品情報・感想・評価

J・エドガー2011年製作の映画)

J. EDGAR

製作国:

上映時間:137分

3.2

「J・エドガー」に投稿された感想・評価

メイクが怖い。
のりこ

のりこの感想・評価

2.5
ずっと画面が暗い。
R

Rの感想・評価

4.4
劇場で見て以来、きっちり全部見たの初! 部分的には何回か見たんやけど。2回目の方が全然楽しめた! とはいえ、楽しい映画ではないな。とても悲しい。悲しいけど、美しい。テーマがなかなかに悪名高いFBIの初代長官ジョンフーヴァーと言うことで、派手な映画を期待してたらぜんっぜん。めちゃめちゃ地味で静かな映画なので予想外。初回は、全体というよりは部分的にすごく好きなシーンがある映画やなって感じやった。2回目は涙涙。1960年ごろ、若い捜査官に回顧録を書かせるため、エドガーが自身の過去を口述する形で進んでいく。1920年代、共産主義者や労働運動家たちを国外に追放するためFBIの前身ができ、エドガーが責任者となって指紋などのデータを駆使した斬新な科学的捜査方法を確立させていく様子が描かれる序盤。そこから、大恐慌時代、飛行士リンドバーグの息子誘拐事件、キング博士の公民権運動、と時代が進んでいき、権力者たちのお忍び淫行を盗聴・録音して利用することで、エドガーは飛躍的に権力を拡大していく。基本エドガーの語りで話が進んでいくので、どの内容が本当に本当の事実で、どれが誇張や虚偽なのか、まったく不明瞭。見てる間ずっと、その絶妙な危うさにジワジワ不思議なスリルを感じるんやけど、それと同時に、真の愛にまっすぐに生きられず、本当の自分を抑圧することでしか生きられなかった男の、深い深いやるせなさで胸が締めつけられます。抑制された演出ながら、クライマックスではあまりの切なさに涙ポロポロ。なんちゅう人生や。過去と現在、虚と実を行き来しながら、アメリカとエドガーの光と影を、コントラストどぎつめ影の濃い、美しい深みのある映像の中に炙り出していく。その円熟しきった演出の妙はさすがイーストウッド!!! 素晴らしすぎてトリハダ立つよ! エドガーを演じるディカプリオは最初は何かちょっと違和感あるけど、だんだんしっくりしてきて、社会の歪みのためにできてしまった二面性に引き裂かれる悲しみが徐々に胸にしみてくる。それがなければもっと幸せに生きられていたはずなのに…。それは彼の右腕トルソンも同じ。こちらは絶世の美男アーミーハマーが演じてる。何たる艶と品格。ため息出る。ふたりがすさまじい勢いでぶつかり合うシーンはヤバすぎて死にかけた! 悲し過ぎる!!! おお、ディカプリオよ! おっさんなのにあんなあどけない少年みたい表情になれるだなんて!!! すげー。謎めいた女ヘレンを演じるナオミワッツも素晴らしかった! この人はこの人で、時代に大きく制限された人生を生きた、けれど、女にしかない健気なタフさで強く生き抜いたのだろう。終盤は切なさしかなくて、ホント見ててつらかった。マジやるせない。自分にだけは絶対に嘘をつかずに生きよう、と強く思います。また見たい。ちなみに、本作を見るのであれば、アメリカに関するいくつかの事前知識があった方がよいと思われます。とりあえず、ルーズベルト、ケネディ(とマリリンモンロー)、ニクソンに関する歴史的事実と、リンドバーグ、キング牧師、KKK、FBIと警察の違い、世界大恐慌、などは漠然とでも知っておかないとよく分からないかもしれない。見る前に少々予習を。ちなみに、ひとつだけ文句言うとすれば、老けメイクがコントみたいに見える瞬間がいくつかある、特にアーミーハマーは老け演技があまりうまくないような…笑
あまり抑揚がなく眠い。ハマれば面白いはず。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.7
初代FBI長官の一生を描く。
場合によっては同じプリオ様の『ウルフオブウォール・ストリート』みたいな男一代記になると思うんだけど、クリントイーストウッドらしい落ち着いた静かなテンポが全編にわたって漂っている。
そのおかげで、彼が国家を守るための一大組織を作り上げていき、組織と国を守るためとして次第に周囲をパワー(盗聴など)で抑え込み敵を作り孤独になっていくまでが一つの人生としてまとまりを感じられるようになってる。人って徐々に狂っていくんだろうなぁ…。彼のセクシャリティーについての苦悩もかなり衝撃的だった。
重圧に耐えて信頼する人もおらず、自分の性意識も他人と分かち合えない。危うく老獪な謀略組織の長ではなくて、ひとりの人間の悲しみがこの映画に込められてる。
記録用📝

伝記映画に見せかけた至高のラブストーリー。
時代に抑圧され恋人になれなかったふたりの切なすぎる悲恋。
号泣不可避、。
NRM

NRMの感想・評価

3.5
FBIとは
アーミー・ハマーが出てるので見てみました♪

やっぱりアーミー・ハマーカッコイイ♪

コレは、恋愛映画として見たらなかなか良かった☆
ものすご〜く、じれったいですけどね!(笑)

ただし。特殊メイクが違和感ありありで残念!!
>|