Sios

七人の侍のSiosのレビュー・感想・評価

七人の侍(1954年製作の映画)
5.0
農村で戦をやるというのが、まず凄い。そしてあの躍動!
難航する仲間集めや、じっくり入念な準備、ビクビクウジウジする百姓たちなど、見どころ満載で面白い。

2015年は志村喬生誕110年でした。
先週まで展覧会をやっていたので、行ってきました。

そこでの発見の一つは、七人の侍はじめ本人使用の台本。
自分について語る場面で「ここは自嘲気味に」とか、細かく書込みされていて、その演技の記憶が蘇りました。
確かに「自嘲気味」具合が絶妙なんだよなー。
日本映画の宝です。