七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

悪党との戦いを軸に、黒澤ヒューマニズムが怒涛の勢いで絡みつく。人生にはいつも戦いがあり、死があり、生があり、笑顔があり、その先に平和がある。映画史に語り継がれる泥だらけの合戦シーンを観ずして映画ファンを語るなかれ。
この映画の何よりの価値はとにかく普通にめちゃ面白いことだと思う。マンガとかアニメとか好きな人だって人も観ればいい。エンタメの王道をいってる。


7人のキャラ立ち(古女房はあんまり目立たないなと思ったら最後まで残る一人にするあたりさすが)
異端的な菊千代。
ここら辺は少年マンガ的な熱い側面。
そこに弱者の百姓の醜さと侍の死に様のあっけなさ。侍と百姓の確執など、深みが加わってすごい。


まさに入り口は低く広く、出るときは少し高く。
あ、それに何より俳優みんなの顔の面白さ、個性。こんなに味のあるたくさんのいい顔は今は日本にないんでない?
QA

QAの感想・評価

4.3
三船敏郎の存在感が凄まじい。登場シーンから目が釘付けになり、オーラを放っているというのはこういうことかと実感する。七人が村へ向かうシーンはシビれるほどかっこよく、後の映画に多大な影響を与えたと言われる理由が分かる気がした。古臭いのに驚くほど斬新で、今見ても色褪せない名作だと思う。黒澤明監督ってやっぱりすごかったんだな…。
maak

maakの感想・評価

4.5
最高の映画の1つ
ここから映画の見方が変わりました
wanders

wandersの感想・評価

4.3
黒澤作品は全くに近いほど未見。
しかし、この作品は何気に引き寄せられた。
一言、参りました。
ここにはエンターテイメント性なんて軽く飛び越える凄まじいパワーがみなぎってた。
やはり世界中の著名な監督が影響を受けまくったのも納得。
観てない方はこの「ルーツ」に一度戻ってみると、映画感が変わるかと。
黒澤さん、凄い人だ。
satton

sattonの感想・評価

4.0
スクリーンを支配する圧倒的な存在感。三船敏郎、凄かったです。前編の最後、農民の本質について語るシーンは圧巻でした。
映画としてはもう文句なしに面白くて、また見かえしたい。
日本を代表する映画。荒野の七人と共に観たな
声が聞き取りにくいので、ヘッドホン推奨
>|