七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

misa

misaの感想・評価

4.3
七人の侍。

ようやくレンタルできたんです。
ずーっとディスカスはスッカラカンで、待ちに待った鑑賞です。

評価が高すぎてハードル上がりまくりでしたが、杞憂でした。
日本が世界に誇るクラシカルな映画として、世界中の巨匠に影響を与えたのも納得です。

大それたストーリーではないんだけれど、「生きる」ための泥臭い人間ドラマやゲリラな戦いが、まさに泥まみれの映像からひしひしと伝わってきて…。
やっぱり時代柄、農民の人間的な未熟さと「したたかさ」にはポカーンとしてしまう気持ちもあった。でもだからこそ、この作品の「侍」達の躍動とか、揺るぎない倫理観が本当にかっこいい。
出演する人全員の情熱が、すんごい。
映画館で観たかった…。

モノクロだし古臭さが心配だったけど、そんな心配どこへやら。
前半が終わって、休憩??
早く続きが観たい!
それくらい引き込まれるストーリーで、長尺なのにあっという間でした。

お恥ずかしながら、私は三船敏郎さんのお顔をまったく知らずに鑑賞したのですが、出てきた瞬間、絶対この人だ!!と確信。
存在感半端ない。
めっちゃ好みだし(*´-`)

瞬く間に虜になってしまった。
菊千代という破天荒な役柄もあるんだろうけど、魂から込み上げてくるようなあの語りは忘れられないし、静かに悔しがる様子も素晴らしくて。
大スターといわれる所以が本当によく分かりました。オーラ出過ぎ。

他の登場人物もとても魅力的で、久蔵なんかは完璧リアルなルパンの五ェ門。

でもやっぱ、三船さんの演技力がすごいや…。他の人全員食っちゃってる感じ。

「赤ひげ」も、観たいなぁ〜。

このレビューはネタバレを含みます

午前十時の映画祭、8作品目は「七人の侍」。

黒澤監督作品は刑事物やら何やらあるけど、やっぱお侍さんがいい♪

決闘シーンまで長いけど、その分登場人物一人一人のストーリーがしっかりしてて飽きずに観賞できます。

その割には三船敏郎、あっけなく死にます。
あっけなく葬られ、あっけなく若者の恋が終わり、あっけなく田植えが始まる。

子どもの頃、時代劇をテレビでよくやってたんで、会話も聞き取れたはずなんですが、リスニング力めっちゃ落ちました。
そろそろ時代劇に字幕つけませんか。
SAMURAI

今更ながら、この名作を鑑賞しました。
3時間以上にも及ぶ超大作!!
休憩時間も設けられています。

村を賊から守るために雇われた七人の侍。キャラクターが素晴らしい!特に、志村喬が演じるリーダーのカンベイ。賢いけど、手に負えないキクチヨ。
侍たちと村人の関係性が雇用の要素も含みながら、上手く描かれています。
あゆ

あゆの感想・評価

3.3
物語は面白いし、映画史的にも価値のある作品なんだろう。

ただ、白黒映画独特の音に慣れていない身で3時間半は辛かった。
疲れ果て何度か停止を繰り返したので、見終わるまで5時間くらいかかった気がする。

このレビューはネタバレを含みます

身に起きることが不条理なことばかりで自分勝手な人が増えている現在、とても胸に刺さる作品でした。なんのプラスにもならない戦を引き受ける侍が見たのは、自分たち侍が起こした戦によって利己主義に凝り固まってしまった百姓たちによる、地獄のような毎日。侍たちによって、百姓たちの生活に笑いが戻っていく姿はとても感動した。

大きな犠牲を払って戦いを終結した最後、「今度も負け戦だったな。勝ったのはあの百姓達だ。」の言葉は7人中4人が死んでしまったってことだけじゃなくて、元々は戦によって苦しめられていた百姓たちが侍に心を開き、一致団結して一矢報いてやったことこそ真の勝利だった、とも取れるなと思った。
soaotoh

soaotohの感想・評価

4.1
20代の頃
レンタルビデオで初めて見たとき
白黒である事を忘れるほど面白かった感想と同時に
出演者のほとんどがこの世に居ないことにショックだった、、記憶が残ってます。

DVD購入しました。
Ryusuke

Ryusukeの感想・評価

4.2
昔見てとても感動した
もっかい見たい
らいこ

らいこの感想・評価

3.5
すごいよね。
>|