七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

mankichi

mankichiの感想・評価

4.3
白黒映画も長編映画も苦手な部類だけどこの映画は最初から最後まで全く飽きなかった。
音楽がいい。
トヨキ

トヨキの感想・評価

3.8
日本語字幕の必要な邦画
Gaijin

Gaijinの感想・評価

5.0
黒澤のサミット。記念碑的な傑作、忘れられない!
技術的にはもちろん今よりも劣っているんだろうけど、演出とかストーリーテリングとかキャラ立ちとか、今と比べても劣っていないし、むしろ優れているところも多い。まるでお手本のような映画。本当に七人全員に惚れるから凄い。
最初の百姓が集まるところから面白いですね。
臨場感あるんだよなぁ。
自分も参加してるみたいな。カメラワークが良い。
前半は侍探し、ワクワクする。

侍が村に来てからは百姓にスポットが当たる。
弱くても善ではないということ。
そしてそういう存在を生み出したのが侍ということ。

後半は野武士との戦が始まる。
迫力がある。目が離せない。
久蔵がかっこいい。

ラストは黒澤明っぽいですね。
単なるハッピーエンドではないという。
刀から鉄砲へ切り替わる侍の虚しさが胸にくる
縁起物

縁起物の感想・評価

5.0
不朽の名作。桃太郎みたいな感じで後世に語り継げないものか?
>|