七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

2018年、一本目!!!

あけましておめでとうございます(*^^*)!

大晦日、NHKBSでやってたのをチラチラ観つつ、予定があり、七人集まったところで外出。

元旦の今日、あらためて最初から観始めました。

何度目かな、観るの。

この映画、最初に観たいと思ったときには、ビデオも出てなくて、名画座でも滅多に上映されず。
当時高田馬場にあったACTミニシアターってところで上映されるという情報つかんで、いそいそ出かけたものの、いっぱいで入れませんでした(>_<)。。。

どうしても観たくて探し出したのが、テレビ録画したテープを違法レンタルしてる怪しげなビデオレンタル店。そこでレンタルして(←時効(^_^;))ようやく見ました。

画質最悪でしたが、あまりの面白さにビックリして、ダビングのダビングして(←時効(>_<))その後、そのテープで何度も観ました。

その後、ビデオ、レーザーディスク、DVD、Blu-rayとメディアは変われど、観続けております。。。

未見の方へ。

今から60年以上前に作られた映画です。

白黒です。

上映時間長いです。

音声もちょっと聞き取りにくいです。字幕があると嬉しい(^-^)v

20代の人とかだと出演者誰も知らないかもしれません。

でもね。
観ないの絶対に損です。
観た方がいい。

簡単にレンタルできる幸せを噛み締めつつ、ぜひ堪能してください。

志村喬演じる勘兵衛はいまだに最高のリーダー像です。

久蔵のかっこよさ。惚れます。

菊千代の豪快さ。惚れます。

勝四郎。。。良かったね、大人になれて(笑)

五郎兵衛、七郎次、平八。みんな大好きだー!

キーワードは¨種子島¨!!

七人の死力を尽くした闘いっぷり、まだまだ何度も観るだろうなー。

新年一発目、最高の映画からスタート!
良い年になりそうだ(^-^)v

今年もよろしくお願いいたします!
honmosuki

honmosukiの感想・評価

5.0
三番街シネマ1で鑑賞
spring

springの感想・評価

3.5
初めて観た。

しょ〜〜じきな感想は
「三船敏郎だけが邪魔…」でしたすみませんすみませんすみません!


ただでさえ音が悪いのに菊千代はず〜っとがなっているから台詞が聞き取りにくい上に、
すぐウロウロ動きまわり「ちぇっ ちぇっ」と声に出してから〝全身で〟舌打ちするやり過ぎな感じとか、1人浮いて見えた。

このキャラちょっとしんどい。


昔から、必要以上に大きな声を出すガサツな男が苦手なだけですすいませんでした。


映画はすごく面白かった。
生々しい迫力と丁寧な描写、緩急のついた飽きさせない構成で完全に引き込まれた。

勘兵衛師匠と久蔵ぱいせんカッコ良すぎ!
野武士から百姓を守る七人の侍の話。3時間半に及ぶ長編であったが、終始ワクワクして見ることができた。黒澤映画の名作中の名作と言われる理由がよくわかる。
くらげ

くらげの感想・評価

4.3
名作。何回か観ているが毎回魅入ってしまう。
MIKKE

MIKKEの感想・評価

4.8
初鑑賞。
長いけれど長さを感じない、というのは本当だった。映画の世界と自分の人生の時間とが一本になって過ぎる感覚がある。
世界のミフネ、という単語は聞いたことがあったけれど、うわ~~これは世界のミフネですわ~~というのも心で理解できてしまった。
waruneco

warunecoの感想・評価

4.2
おもしろい!観て欲しい!
3時間超えの長い作品ではあるが無駄に長いわけではなく、丁寧に描いているので退屈しなかった。

百姓達の苦労が丁寧に描かれてるから侍達との出会いに安堵する。侍達との出会いが丁寧に描かれているから個性が知れて7人を混同せずに見られる。
侍達の個性を理解して見るから応援できるし、笑えるし、ニヤニヤするし、泣けるし、胸が熱くなる。
500本目のために温存していました。ついにその時が。事前情報なく、なぜチャンバラ映画が世界的に…と見始めた自分を恥じたいです。でも、事前情報がなかったからここまで楽しめたのかも。前半はリクルーティング、マネジメント、都市計画について学べて、後半は戦法についても本格的に。アクションシーンの迫力、会話のコミカルさ、何を取っても満点。3時間半があっという間。この映画を敗戦後9年で公開したパワーにも感服。自分の子供にも必ず薦める傑作です。
nivnoriki

nivnorikiの感想・評価

4.1
2016年鑑賞。2018年4K版鑑賞。
邦画ナンバーワン。
>|