七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

映画館で観られたことの幸せよ。
ボロ泣きした。幾度となく鳥肌が立ち身体が震えた。
日劇お疲れ様でした。
207分、長さに怯えるな、長ければ長いほど映画ファンは燃えるだろ⁈
さくら

さくらの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

もうめっっっっちゃおもろかった。おもろすぎてあっという間やった。ほんでもーーーーーーーーあーーーーーーもうーーーーーーーーーわいの…わいの推し2人が最後の最後で急に死んでもうめっちゃ凹んだ…もーーーー菊千代ーーーー久蔵ーーーーーーうぉおお(慟哭)
hiro03

hiro03の感想・評価

5.0
世界の黒澤 世界の三船 七人の侍
Kazunari

Kazunariの感想・評価

4.6
百姓(農民)の村に40人の野武士襲ってくるとたまたま聞いてパニックに陥る村。身分が上の武士を雇うしかない!というストーリー。



邦画、ましてや時代劇すら拒む体質なのだが友達に猛烈に勧められて観ることに。

面白かった。

一人一人個性豊かなキャラクターで観てて飽きない。海外からの目を惹いたのもとても分かる。
小学生が見ても分かりやすい内容だと思う。そして、百姓と武士の関係性が分かりました。

七人の侍1人ずつ語りたいが長々となる。見た方には分かりますよね笑

白黒映画なのに恋が芽生えるシーンがカラーになった気がした……。絶対気のせいだけど笑。

そして、出てくるジョークがすごく綺麗で面白かった!今日の日本のドラマ、映画でのジョークシーンはうさんくさいなーと思うしかねぇ。

最後の終わり方はモヤモヤしたなー。
残った侍達はこれからどうするのだろう?
残るなぁ〜😁
けちや

けちやの感想・評価

3.8
かっけぇ、、、
集うって素敵だよなぁ
hakuri

hakuriの感想・評価

4.2
開始してすぐ、「あ、この映画すごいな」と感じた。
それくらい絵力がある。
そして、終わりが近づくに連れどんどん絵力が増していく。
絵力よりもっといい言葉があるのかもしれないけど、とにかくもっと見たいと思わせる映像。
もう3回くらい観てるけど、まだまだ観たい映画です。



以下、ネタバレを含みます。



侍が村に到着したシーンでは、村人が誰一人彼らを歓迎しない。
村を救う救世主として侍を求めてはいるものの、自分たちの生活、というかコンフォートゾーンが脅かされるように感じ、歓迎できなかったということなのだけど、
百姓と侍の精神性の違いを痛烈に感じるいいシーンだった。
コンフォートゾーンを脅かす存在という意味では、侍も野武士と変わらないというのが百姓の実際だった、というのは、侍を探す件を丁寧にやっているだけあって衝撃的。

その後、長老的な人のセリフがまたよく、
「百姓は大雨が来ても雷が落ちても何もできず怯えている、今もみんな怖いだけなんだ」
のようなことを言っていた。
彼らにとって侍は「運命に対抗する槍」のはずだが、それは恐怖を伴うのだ。

三船敏郎は終始気っ風がいいというか、飄々としていながらその判断は早くて正確で、でもエモいところもかなりあって・・・と、とても好きな人物だった。
侍はみなそれぞれに個性がきちんと伝わってきて、自分も何度も会話を繰り返してお互いを深く知った仲間になれたような、そんな気がした。

そして、ラスト。
勝ったのは誰か?
最後まで観れば答えは自明なように思う。
面白かった
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
古い作品でありながら、これだけ古臭さを感じさせない演出に感動してしまった。
そして、海外への影響力をまざまざと見せつけられた。

スローモーションのシーンや左から右へ画面が切り替わるワイプ演出などなど、スターウォーズなどはこれを真似たのかぁ!と唸るものがたくさん。

ストーリーは非常にシンプルだし、長時間とあって、正直中だるみしないか?と不安があった。
・・・だが、気づけばあっという間に映画は終わっていた。
そして余韻に浸っていた。
あらゆる映画の原点であり、金字塔として、これからも語られ続けるのであろう。
be

beの感想・評価

4.5
ところどころ何言ってるか聞こえないんだけど、でもすごく面白かった。
切なくなるけど、めっちゃ好き!
馬かわいい!
カズ

カズの感想・評価

5.0
あらゆる劇映画のフォーマット。
面白かったなぁ。

207分の長尺な映画なのに、一遍の無駄も無く突き進む圧倒的なパワー。三船敏郎のクレイジーな演技にも納得。

斬ったはったの痛快娯楽活劇的な要素は少なく、一瞬の抜刀で敵を死に至らしめるリアルな戦闘描写も素晴らしく、命の尊さをリアルに演出してます。

決して絶対弱者では無い、百姓のブラックな描写も物語を重厚にしてます。

しかしながら、現代の言葉に慣れすぎた今、この50年以上前の映画は日本語字幕が無いと物語が把握仕切れないのがつらい。音割れもきつい。

NHKはさぁ、キューブリックの作品をデジタルリマスターする前に、この映画をリマスターしろよ!と思う。

50年以上も前の白黒映画に対して、『まさに日本映画の最高峰!』なんて言葉は使わないけど、最高級のアクションエンターテイメント映画だと思いました。
>|