七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

映画館で観られたことの幸せよ。
ボロ泣きした。幾度となく鳥肌が立ち身体が震えた。
日劇お疲れ様でした。
207分、長さに怯えるな、長ければ長いほど映画ファンは燃えるだろ⁈
ネグセ

ネグセの感想・評価

5.0
ちゃんと観たのは昨年の今頃だ。『マグニフィセント・セブン』観たあとくらいに、重い腰を上げて。素晴らし過ぎて身震いした。と同時にそれまでスルーしてきた自分に腹が立ち即座に切腹させた。本作品を観ずに何十年も映画ファンを騙ってきた大罪に対してだ。その瞬間からこの大大傑作が私の今の今オールタイムベストワンに君臨し続けている。昼だな、どうだこの握り飯でも食わんか!
大変長い映画だが、あまりの凄まじさに画面にグイグイ引き込まれるので全く長さを感じない。
むしろ終わり際には切なさが残るほど。

仮にこの映画を面白くないと感じたとしても。それでもこの三船敏郎を観て欲しい。

神がかった魅力が詰まっている。
黒沢監督、最高!
だけど、セリフが聞き取りにくい。
これは日本を越えて世界的名作である。
日本が誇る名優の顔ぶれに黒澤明の演出が加われば右に出る者はいない。
セットからエキストラの演技まで徹底的なリアリズムにこだわる黒澤明らしく、チープさが全くない。
ちなみにエキストラとして無名だった仲代達矢が出ていて、この作品をきっかけに黒澤作品に出演するようになった。
また、三船敏郎の演技はうる覚えだが猿かゴリラをモチーフにキャラクター作りをしており納得。
やっと見れた!でもあんまり面白さが分からなかった…私がまだ未熟なのかなあ_:(´ཀ`」 ∠):

最後の最後にポツリと「また負け戦だったな」って言うのがいろいろ複雑な感情を全部表してる。
白黒でー構図が良くてー殺陣ばっか!という勝手な思い込みで見てたけどそこは全部違ったなwww構図が綺麗とかじゃなくて、間の取り方とかいちいち丁寧なんだなって思った。ストーリーを追うだけじゃなくて少ないシーンで登場人物の感情が武士からモブに近い農民までありありと描き出されてるのはさすがだと思いました。なんていうか、日本映画なのに異国の話見てるみたいなんだよね。面白いと思えるようになったらまた見たい。
okapy

okapyの感想・評価

5.0
777本目に選んだのは今更すぎるけど言わずもがなの名作『七人の侍』でした。こんな名作を未見だったわけですが、777本目まで温めておくほどですからいつにも増して気合を入れて鑑賞しました。案の定、期待を裏切らない大傑作。約3時間半の大作ですがまったく時間を感じさせない脚本、構成、演出、演技、撮影。どれをとっても一級品すぎてこれ以上何も言えません。とにかくようやく日本が誇る至高の一本を鑑賞できてホッとしてます。
超超超超超大作。
あまり多くは語りたくないと思わせる。
これが漢の中の漢だな。ラストシーンはかっこよすぎるだけではなく百姓の戦いの末、漢の生き様や様々な想いが込められまくったシーンだった
ふじ

ふじの感想・評価

3.9
60年以上も前の作品とは思えない
日本映画の代名詞
>|