七人の侍の作品情報・感想・評価・動画配信

七人の侍1954年製作の映画)

上映日:1954年04月26日

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

さえ

さえの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

菊次郎と久蔵が推しだったけど死にました。
さしみ

さしみの感想・評価

4.9
凄い。
こんなに作品に没入したのは初めてです。
途中休憩に入るまで創作という事を忘れていました。

時代劇は大河ドラマを観る程度で、そこまで触れていなかったジャンルでした。
こんなに噓がなく芝居味のない芝居があるんだ、と思い知らされました。

物凄く稚拙な感想になりますが、間違いなく芝居に対する価値観が変わりました。
森小路ミリオン2
『荒野の七人』ってほんとにマルっとコピーしたんだな。というかコピーしたくなるよねこれは…。

黒澤映画は役者の演技力にグッと引き寄せられることが多いけど、この映画は演技以上に登場人物各々のキャラを意識させられる感覚。各キャラクターの生い立ち回想シーンを差し込みつつ1クール分のアニメにできる懐の広さがある。

あと序盤の饅頭食べたかったジジイの顔がやばすぎる…
もうちょっと早く出会えてたら、日本史を面白く学べていたんだろうなあ。キャラクターみんなに愛着が湧いたし、だからこそラストがグッとくる。どこまで本当かわからないけど、黒澤明監督がクライマックスの前まで作って予算追加を承認させた話すごく好き。
きなこ

きなこの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

3時間を超える上映時間と、「シリアスで重そうだ」という勝手な思い込みから、録画したはいいけれど中々手が伸びなかった映画です。

思っていたよりもコミカルな場面が多いこと、侍たちがヒーローのように圧倒的な活躍を見せて村を救うわけじゃないことに驚きました。
コミカルな場面とシリアスな場面での緩急のつけ方が見事で、時間を忘れて映画の世界に引き込まれました。
戦いの準備を進めていく中、侍たちと百姓たちとの雰囲気が良くなってきたところで、身分の差ゆえの軋轢が生まれるところが良かったです。
侍が強者で、百姓が弱者と単純に見ていたので、そうではないのだとハッとさせられた場面でした。

いざ観てみると、自分の中にあった「時代劇」というイメージが良い意味で覆され、面白かったです。
Kaho

Kahoの感想・評価

5.0
有り様かっこよかった。しびれた。

映画の世界(つくられた世界)には見えないくらい、人も馬も泥も生き生きしてた。
issy0510

issy0510の感想・評価

4.1
言わずと知れた名作ですが、改めて観てファンが多い理由が分かりました!

まず、戦いのシーンはめちゃくちゃ面白い!侍がいた時代のリアルな戦いを魅せられた気がします

戦いの場面になるまでの人間模様も凄く良かったです!前半に丁寧に描いたからこそ最後の戦いのシーンにのめり込めました!

長丁場な映画ですが、凄く面白かったです!
Surf

Surfの感想・評価

4.1
日本の失われた道徳学
>|