白いリボンの作品情報・感想・評価

「白いリボン」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

4.1
まるでカール・テオドール・ドライヤーを思い起こすような。謎めいて静かで残酷な棘を持った映画でした。事件は公の元につまびらかにはなりませんが、嫉妬やねたみや欲望に抑圧、密かな共犯関係がもやもやと渦巻きます。見た後、心の隅に引っかかる。

並んだ後ろ姿。
く…暗い。

第一次世界大戦のきっかけと言われるサラエボ事件より前の時代。一人の教師が体験したという奇妙な出来事を彼の語りとともに物語は進んで行く。一件目の事件から悪質でその後繰り返される事件に村人は騒めき不安が蔓延する…。

格差が鮮明な村社会で登場人物が多く、各事件から人々の不満や不信が透けて見える。そしてたくさん登場する子どもたちの行動にも奇妙さが募る(子どもたちも、く…暗い)。各々のエピソードからは確信が掴めそうなんだけどミックスすると最終的に何が伝えたかったのかよくわからない。でも凄ーく引き込まれて、静かだけど睡魔に襲われる隙も無かった。しかしあの高尚な男はクソ過ぎて頭から離れない(-᷅_-᷄)

サスペンスっぽいけれどただの答え探しではなく何か強烈なメッセージを発している印象の作品だった。
ドイツ人!
時番人

時番人の感想・評価

3.9
徹底を要求するものは、徹底を破らざるおえなくなるように人生はできてると思う。白いリボンは「徹底」したいけどできない人達を安心させる夢。ひらひらとぶ白いリボンの蝶。徹底できない現実をどうやって受け止めるのか、そのために人を巻き込むのは孤独のせいなのかな。

なんて、考えた映画でした。
ちはな

ちはなの感想・評価

3.6
表の顔と裏の顔
他人がイメージする人物像と実際のギャップ

う~ん なんか唸ってしまうような作品(いい意味で)

静かな村で次々に起こる奇妙な事件
どれも衝撃的な事件だけど
モノクロ映像の中 犯人探しよりも 関わる人々の闇を覗いていくような
なんとも不思議な雰囲気をまとった話

嫉妬や抑圧された感情や欲が静かに渦巻いていて不気味

ただ 子供多すぎて誰がどこん家の子供だか慣れるまで時間かかるぅ

スッキリ解決しなくてモヤモヤするし 万人受けはしないやつ

子供は何時だって「そういう年頃」さ
2018年7月8日(日)に鑑賞。

私にとってこの映画は、観ているあいだも観終わったあとも、何かおもしろがったり感動したりするような映画ではなかった。誤解を恐れずに言うならば、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観たときと同じような後味の悪い映画であった。

とても考えさせられる映画であるが、映画を観ながら考えさせられるというよりは、観終わったあとにひとつひとつの場面を振り返り、自分の解釈を検証し、問題があれば再度解釈を試みて仮説を立て、点と点をつないで作品全体の解釈を試みるといった作業の中でいろいろと考えさせられるような映画であった。

わかりやすい映画を求める人にはお勧めできないが、歴史、文化、社会の問題に関心があり、考えることが好きな人には高い評価を得られるかもしれない作品だと思う。
joker

jokerの感想・評価

-
全編モノクロ。
上質な傑作。
鳥の十字架が印象的🦅
しゅん

しゅんの感想・評価

4.3
純真無垢さの欠片もないくせに気持ち悪いポエムを載せ純真無垢ぶっている某イケメン風美容師のおちんちんに白いリボンを結んであげたい
>|