おもち

桐島、部活やめるってよのおもちのレビュー・感想・評価

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)
3.8
ご存知の通り、タイトルの「桐島」は全く登場しません。「桐島というバレー部のエースが突然部活を辞めた」という事象を中心に、彼を取り巻く人物たちの様子を描いた群像劇です。

なぜ面白かったのかと聞かれると、説明しづらい…なぜこんなに引き込まれるのか…
同じ日の同じ場面が違う角度から切り取られて繋がっていくのですが、そこの繋げ方が上手いのかな。全員がどこかで繋がってる。観終わってからジャケットの「全員、他人事じゃない」という文に気付きましたが、その感じ。
画面の透明感で「高校」という特殊な空間の繊細さや脆さがよく出ていて、そこでの生活を垣間見ている不思議な親近感。
(語彙力…)

橋本愛は『ツナグ』の嵐役ですごい女優さんだと思いましたが、今回もとても良かったです。彼女は「美人だから周りとうまくやれているけどなんとなく距離がある子」が似合いますね。
神木隆之介、東出昌弘と今では有名な俳優陣ももちろん思わず唸ってしまうような演技でしたが、個人的には「沙奈」役の松岡茉優さんが好きです。
役どころはいるいる!って感じの嫌〜な女子高生ですが、そう思わせる演技に感心しました。

これといったメインストーリーがあるわけではない(しいて言えば映画部?)ので、人に勧める時にはとにかく観て!としか言えません。
でも話題になっただけある、とても良い映画です。しばらく邦画から離れていましたが、きっとこういう良い作品がたくさんあるんだろうな。