umi

桐島、部活やめるってよのumiのレビュー・感想・評価

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)
3.9
人間関係がリアル 中高ってこんな感じだ
複数の視点から撮られていてそこも面白い

神木くんのキャラが良かったなあ
東出さんに1番感情移入した おれには何もない、頑張れない、熱中することもない。それでいて何かに一生懸命な人がいいなと思っているところが(捉えようによっては宏樹はトップになれないのなら頑張っても意味ないのではと思っているかもしれないが)

これは他の人とも感想を話したい映画だ

他のユーザーの感想・評価

USB

USBの感想・評価

3.8
高校生ってこんな感じだよな~ってのがよく描かれている。神木隆之介の陰キャ演技が神がかっていた。あと、橋本愛がえぐい。

映画を通してどういう気持ちになったら正解なのかなという感じだった。
も

もの感想・評価

3.4
今更ながらみた~
桐島に翻弄される俳優陣、今やみんな人気者ですごかった〜松岡茉優のあのいじわるな女感かっわい~し小さい太賀も大好き
ストーリーは理解できなかった。
キャラはリアリティある。セリフ回しとかも面白くて観やすかった。良かったね監督、となった。
素晴らしい。一番焦点が当たるはずの主人公不在の中、それを取り巻く群像にスポットを当てて、その描き方がまあ丁寧なこと。
でっくん、こんな演技する人だったかしら?
こんな人いた、こんな感情あったなって、なんか郷愁を覚える。
過去にこんな描き方されてる作品あったんかな?脚本すごいし、原作も気になる。
これは傑作。
もち

もちの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

個人的な記録なので読まないでください

高校生の幼く痛々しい感じがリアルに描かれていた。
野球部キャプテンとかすみはこの物語の良心


前情報なしに見たので
こいつが桐島か?ってのをずっと繰り返してみてた。
結局は「桐島、部活辞めるってよ」という話に影響されていく高校生を描いた話。
それぞれの立場や人間関係によって生じるいざこざが絶妙に描かれていた。


話がわからないと、理解しようとしてすごく考えながら観れるので自然と物語に引き込まれる。

神木くんの演技がやっぱりうまかった。
走り方とか絶妙なインキャ感を纏っていた


ラストの屋上のシーンに全てが詰まっていた。 
映画部の最後のシーンの言葉。
前田が映画を撮る理由
前田がヒロキにカッコいいねって言った時の
ヒロキの反応。セリフがなくてもじゅうぶんに伝わった。
今さらながら初見ですね😅原作も読んだことありません。原作は連作の短編集のようですがそのままでは映画にしにくいので高校生の群像劇に変えて桐島というバレー部のエースが突然退部した事から波乱が起こる。それを何人かの異なる視点から描いています。これは脚色の勝利でナイスアイデアだと思った。そんなにはまらなかったけど面白い作りです。今、一線で活躍してる俳優が多く主演しており、既に実力の片鱗を見せている。映画部の神木隆之介と東出昌大が面白い。橋本愛、松岡茉優のいるいる感とか
r

rの感想・評価

-
超昔に読んだ原作も、何度も何度も繰り返し読んでやっと理解できましたが、現在改めて見たら全部忘れていました 本当に何もわからず、ただただ山本美月ちゃんの可愛さに見惚れるだけの時間でした 
針

針の感想・評価

3.8
突然部活をやめた「桐島」という不在のヒーローをめぐる青春群像劇。

学校っつうのは全然関係ない人たちが無理やり一緒に生活してるところだからまぁこんな感じよねー。自分と他人の立ち位置を否応なく意識させられるようなシーンが多くて、気持ちがザラザラするけどけっこうリアルに感じます。

個人的には、突然部活やめた人がいたからってこんなに周りが混乱するかなぁとは思いました。そんなやつは放っときゃいいのでは、と思いつつ、しかし毎日一緒に過ごしてる人がいきなり来なくなったらこうもなるかなぁと。

群像劇はもうちょい個々のストーリーが完結的に描かれてるほうが好みなんだけど、ジャンルが青春もので、彼らは今から始まりという年齢なのもあってか、意外と気になりませんでした。個別のキャラへの思い入れはほとんど抱かなかったけど、これぐらい拡散的でもいいのかもしれません。

自分としては映画部と吹奏楽部の子のやりとりが一番面白かったです。キャラクター的にはメインキャラじゃないけど野球部の先輩の人が一番好きでした。

ただ、原作は未読なのですが、小説のほうにもこれぐらいの比重で映画部が出てくるのでしょうか?(ラストが違うらしいので全然違うのかな)。これが映画作品ってことで自分が意識しすぎなのかもしれないけど、あまりにも映画少年向きのストーリーというか、『映画秘宝』趣味が入り込みすぎじゃね、とは思いました。そのおかげで全体がまとまってる感じもあるのですが、クサい描写に感じる部分も多く……。
自己のメディアに肯定的に言及するタイプの作品が個人的に苦手なのもあるかも。
gab

gabの感想・評価

4.0
面白い構成でした。そして出演者豪華。
確かに良くある映画はある一片しか描かれていませんよね。
最後の屋上のシーンが最高。吹奏楽をBGMにする所の違和感の無さ。お見事です!

あ〜学生時代にもっと何かに打ち込んでおけば良かった。
あんなに熱量ある青春は送ったことないから共感出来ないけど、各々しっくりこない中で生きてる感じはリアル
「桐島、部活やめるってよ」の感想・評価を全て見る

umiさんが書いた他の作品のレビュー