怨念大納言

桐島、部活やめるってよの怨念大納言のネタバレレビュー・内容・結末

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

桐島の出てこない桐島映画。

主人公は映画部の冴えないオタク…、と見せかけて元野球部のイケメンリア充。

本筋とは脱線するけれど、「半径1.5メートル(だったっけ?)の範囲で映画を作れ」と言った顧問、心底不愉快だったな。
私も高校時代、映画ではないが創作活動をしていて、同じようにその分野に情熱を注ぐ友人が全国にいて、大人に「高校生らしくあれ」と言われるのが最も嫌いだった。

高校生らしさだとか、青春性だとか、出る分には美しいが狙って出せばこれ程陳腐な物はない。
私の大好きな「田園に死す」で言えば「厚化粧」、それも下手くそで汚い道化の化粧である。

こういう大人は始めからこちらを見下していて、10代の作品が自身の理解を超える屈辱に耐えられないのだ。
だから、「等身大」や「高校生」の枠に嵌めて安心したがる。
歳だけくった大人モドキは、羽生くんや藤井六段にひれ伏すがいいわ(他力)。

で、その腐れ顧問への映画部の反撃には心震えましたねー。
ゾンビとは!
それもダイアリーオブザデッドとは!
宇宙パワーの隕石とは!

映画を撮る事は、彼にとって愛する映画や、その作り手と繋がる行為だという。

プロになれないと分かっていてもドラフトまではチームで練習を続ける野球部のキャプテン。
監督にはなれないと思いながらも、憧憬と現実とをカメラで繋げる映画部。

彼らのように達観出来ず、志と能力のギャップに苦しむバドミントン部の女の子とバレー部のリベロ。

対して、器用で何でも出来るが中途半端で、何も本気でやっていない元野球部。

彼はラストで泣くのだけど、将来だとか意味だとかを求めて達観して、他人を見下すのに必死で(彼よりも寧ろ彼の彼女や友人の特性だが)努力もせず、ただ器用に生きている自分に気がついたのだろう。

気がついた彼は桐島に何を語るんだろうか。
バドミントン部の彼女やバレー部の彼は気づけるだろうか。
もしかしたら一生気づかないかもしれない、桐島の彼女や元野球部の彼女の人生は幸せなのだろうか。

非常に現代的な青春映画で、とても面白かったです。
好きな事に没頭したくなります。