桐島、部活やめるってよの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

桐島、部活やめるってよ2012年製作の映画)

上映日:2012年08月11日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

あらすじ

「桐島、部活やめるってよ」に投稿された感想・評価

masaton

masatonの感想・評価

3.8
学生時代、好きな子とかカーストが上の人と少しでも会話できた日があったりしてでもその会話がミスったなとかで一喜一憂したりするくらい自分の中では相手のことが世界の大半だったりするのに、でもそれは相手の世界の1パーセントも占めてないような出来事だったりする。どこにも所属できない自分、でも好きな事にひたすら傾倒することだけが救ってくれる…っていう己の思春期をまんま見せられてつらい。あのときの怒り妬み孤独喜びをたとえ乗り越えても忘れちゃいけない。けど良かった。
でもほんと映画館でかわした会話とか屋上でのカメラのやりとりとか、そんなことですらほんとその日一日が救われたりするんだよ。自分にとっては。とか書いててなんか泣きそうなエモさがありました。
sai

saiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いや桐島出てこないんかい。
ってみんな心の中で思ったことだろう。

橋本愛に彼氏がいるとわかって、全国の童貞たちが絶望のどん底に突き落とされたことであろう。
しかし、これは割とよくある話なのである。
リアリティのある作品ということだ。
菜美

菜美の感想・評価

-
鑑賞済み
私には意味がわからなかった。
電波にのるのを待ったほうがいい
高校生活ってなんであんなにくだらなくて、エモいんだろう
彩

彩の感想・評価

-
過去鑑賞だけどすごく印象に残ってる!
レビュー残ってた📝

やることがあるような、ないような生活
結局自分がやりたいことによって生活の全てが変わって
同じ制服を着て、同じ建物の中で、同じ授業を受けて、良くも悪くも、みんな同じように見えるだけ。
なんかいい映画だったなぁ〜
群像劇を好きになったキッカケの作品

全体を通して漂う薄暗くてどこか白ボケてる空気感が登場人物の感情を炙り出してて素敵

太賀を好きになったキッカケの作品でもあるか
公開時はフィルムとデジタルの両方見た。今はデジタルのみ。
桐島部活やめるってよ
桐島1人がいなくなっただけでボロボロと崩壊する人間関係は高校よりも大学の人間関係の希薄さに似ているなって思った。桐島が出てこないはずなのに会話だけで人間像が浮かび上がってきて自分の中でで勝手に桐島を作り上げてしまうのがこの映画の醍醐味かなって思った。
>|