桐島、部活やめるってよの作品情報・感想・評価・動画配信

桐島、部活やめるってよ2012年製作の映画)

上映日:2012年08月11日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「桐島、部活やめるってよ」に投稿された感想・評価

本で読んだことがあった話だけれど映画も面白かった。静かな性格だったり、何かに打ち込んでる姿はダサイ、そういう人を見下したり適当に生きてる方がかっこいいという学生時代のそんな雰囲気が如実に描かれていた。
(Creepy Nuts公認のunofficial トレンチコートマフィアのpv風動画にも使われている!)
呟き

呟きの感想・評価

3.1
とにかく沢山沢山キラキラしたような子も部活に必死な子も、一見地味そうな子も出てくるけどそれぞれ悩みだったり、不満がみんなにあるように見えたのは、学園物で初めてな感じがして不思議だった。
桐島くんみてみたい
m

mの感想・評価

4.8
上手いーー良い
野球部キャプテンの高橋周平が特に良い〜
視線の送り方といい、それを配置する空間といい、過不足ない

屋上のラストシーンでカメラ越しに見えるおどろおどろしい世界は、いかにもLUTを充てた小綺麗な画と相まって、学生たちの水面下にある心情を観客の内部で爆発させてゆく。集結していくまでの過程が丁寧なことも、非常に重要。
夕方の日の光を受けた神木ら映画部を見つめる、陰りの奥にいるドアガラス越しの東出。そこへレンズを持って近づき、カメラを手に撮りお互いを見つめ合う一連の動作は空間と何とも融和し過ぎていて... 俺なんて、という東出の表情も良かった。

余談だけど、外面でカッコいいを向けられてる東出に、マジのカッコいいキャプテンを二人きりのシーンでブツけるのはズルい。ドラフトまで待つ、というシーンの高橋周平、あの間感や眼差し、とんでもなかったなー。
吹奏楽部の子と東出が安易にくっつかないのもいい、目の前でしちゃうのも。そういう嫌らしさが全体的にないのがよかった。でもちょっと松岡はおバカに描かれすぎ?
瑞希

瑞希の感想・評価

3.9
学生のカーストとか目立ってる人にも悩みがあるとかそういうとこが描かれていて考えさせられる
Karen

Karenの感想・評価

3.8
桐島が中心の物語なのにその桐島はずっと画面に現れなくて、でも皆んなが桐島の話をしてて。いないのに画面上の誰よりも存在が強調される感じ。解説見ないと意味は分からないかも。
tsut

tsutの感想・評価

3.8
おもしろかった
監督うまいなぁと思った
N

Nの感想・評価

2.8
2020.10.10(Sat)
話題になってたので鑑賞。

何が面白いのかよくわからなかったです。
キャストのハマり具合とか人間描写は上手いと思いました。
こういう人いる〜っていうリアル。
教室の中でバカにされてる人にも何考えてるかわかんないような大人しい人にも教室の外には輝ける場所があって、逆に教室の中でイキってる人の方が実は何もなかったりして。教室の中とは違う人間関係が外ではあって。それはリアルだなぁと思いました。

カースト最上位の人たちまでもを振り回し姿を現さない桐島は神のメタファーか何か??
んなわけないか、やっぱり何が面白いのかよくわからなかったです。
ふつうにおもしろい。
EDEN

EDENの感想・評価

3.7
10/19/2020

いやめちゃくちゃ面白かったんだが、、、

特に神木くんのコメディ感最高だろ… サッカーでボールどこに投げるか迷ってるうちに他の人に取られるところとか、さいっこう!!あともちろん、屋上も!!

山本美月と、松岡茉優の感じもよい、、!!

残酷でリアルなこんなコメディがみたかった。それぞれの孤独や儚さも、もちろん描かれていたけれど、そこにフォーカスするには少し薄い、けれど、別にそれは問題じゃない。

「待って!謝れよ、俺たちに謝れよ、
見ろよ、太陽が沈むんだよ、そうしたら今日の撮影はもう出来ないんだよ」

「戦おう、ここが俺たちの世界だ。俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから」
>|