桐島、部活やめるってよの作品情報・感想・評価

桐島、部活やめるってよ2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.5

「桐島、部活やめるってよ」に投稿された感想・評価

何回見ても面白いいろんな見方があって楽しいです
みさ

みさの感想・評価

4.0
見終わったあとの余韻がある。考えさせられる映画。
Arcn

Arcnの感想・評価

4.4
(=´∀`)人(´∀`=)
こころに響く作品。
中学・高校の時のアレやコレやを思い出して、何度見ても悶絶する。
見るまで神木くんが桐島なんだと思ってたら違った…。
謎の人物桐島に振り回される人々のお話。
スクールカースト、自分が共学じゃなかったからなのか、あんまり感情移入できなかった。
何が伝えたいのかよくわからないんだけど何故か心に残るものがある。
きっと小説で読んだ方がいいのかも。
言われているほどの良さは感じない
kinishiki

kinishikiの感想・評価

4.3
今更ながら、タマフル映画祭FINALにて初鑑賞!

噂にたがわず面白いな〜…
宇多丸言う通り、オールスター映画として(これは今更観た人の特権だけど)楽しいのはもちろん、ただの日常なのにエンタメ化してるのがすごい!

桐島という正体不明の人物を中心に置くことで、サスペンス調になってるのも見事で、日常における非日常ような感覚が、観ていてワクワクする。

スクールカーストと呼ばれる構造って、あの三角形におさまるようなシンプルなものじゃ本当はなくて、もっともっと複雑でめんどくさいんだよね。そこがリアルだし、だからこそ見ててきつい笑

学校という場所がいかにカオスで変でめちゃくちゃな場所なんだ、というのが観てて気付く。そしてそれはまさに社会の構造と同じなのだけど。

神木くん演じる前田の映画部が、あの屋上シーンでカースト上位側と乱闘になるシーンはもう最高。いけーー!!って笑

でも本当にグッとくるシーンはその後で、ヒロキと前田が接触するシーン。
あそこで一気に、ストーリーの主軸がヒロキ側に傾く。
これは"何もしないで達観してるやつのだささ"をむき出しにして、"一生懸命何かに打ち込んでる人たち"の賛歌の物語の映画なんだ、って。

前田がヒロキにカメラを向けて、「やっぱかっこいい」と言うのだけど、あの時ヒロキはお前のがかっこいいよ…と思っていたのだと思う。多分あの野球部のキャプテンとこも。
ラスト、真っ白になって野球部の練習の音だけ聞こえるのも、何かに打ち込んでる人たちの物語を助長して、感動した。

すぐにでももう一回観たい。
Maricopin

Maricopinの感想・評価

3.7
超リアル!(わたし高校、共学じゃなかったけど)
なかなか面白かった
>|