桐島、部活やめるってよの作品情報・感想・評価

桐島、部活やめるってよ2012年製作の映画)

上映日:2012年08月11日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「桐島、部活やめるってよ」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

4.0
リアルな青春 青春ってさわやかじゃなくて苦いものなんだと思う
つまらないことにも悩んで悩んでみんな生きてる
菊池の気持ちには共感した 器用貧乏で一見何でも持ってそうに見えて、野球部の先輩とか映研部員みたいに一生懸命になれることがないし、一生懸命になるのがこわいところに
ad

adの感想・評価

4.1
創作物におけるリアリティとは何か。

この作品に主人公は登場しない。前田も菊池も主人公ではない。この作品の主人公は桐島であり、彼らは桐島に翻弄される脇役なのだ。(前田については桐島に直接翻弄されるわけではないけど)

実際現実の世界に主人公なる存在はいない。
つまりこの作品は現実世界の構造そのものをフィクションの舞台装置にそのまま適用した挑戦的な作品だ。スクールカースト的要素や思春期のモラトリアムといった要素を現実世界に近い構造で表現した作品。

原作では家庭に問題を抱えたバドミントン部の女子のエピソードがあるが、映画本編ではカット。
舞台装置を学校に限定した点も筋がわかりやすくなって良かったと思う。寂しいけど。

自分の人生なら自分が主役。だけど世界から見たら?
主役でなくても生きていく。そして主役などいなくても我々は生きている。今作でいえば彼らは桐島のいない人生を歩んでいくことになる。(桐島の彼女もあるいは)
そのとき、自分自身が主役になるのか。あるいは別の「桐島」を見つけて生きていくのか。
さあ、どうやって生きていく?
lebend

lebendの感想・評価

3.6
結局、桐島出てこないんだって思った
YOU

YOUの感想・評価

4.5
神木くんの絶妙な華の無さ感がめっちゃリアルで、多分自分の周りのどっかにもあの子いました。ああいうやり取りとか堪りませんねー!

斬新で画期的な構造と、リアルであり馴染みもある人間関係が掛け合わさった、若者たちの様々な感情が入り乱れた青春群像劇。日本映画史に名を残す傑作と言われるだけありますね!もう一回観直したい!
ゆりや

ゆりやの感想・評価

1.6
だからどうした感が強い
Fun

Funの感想・評価

4.0
じわじわがおさまらず、続けざまに2回目の鑑賞。
とても心を揺さぶる青春映画だ。
スコアもじわじわとアップ。

それぞれに悩みを抱え、自分でも説明できないもどかしさに苦しみ、クラスメイトや部活仲間の姿に胸を打たれ、青春真っ只中を生きている。
眩しくて涙が出そう。

周囲の眼に、評価に、思惑に、惑わされるな。好きな事を、思いっきりやれ!

・・・以下初見のレビュー・・・

エンディング『陽はまた昇る』の歌詞が全てを歌っていた。

スター桐島の周囲には、本人の意思とは関係なく、彼に関わる人々がいる。それぞれの中での桐島の存在は全く別物。そんな周囲の視点を冷静に客観的に写し、それぞれの青春を想像させる。

登場しない桐島も含めた高校生達の淡い青春群像劇。

鑑賞後、じわじわと沁みてくる。
>|