ちひろ

少年は残酷な弓を射るのちひろのレビュー・感想・評価

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)
4.0
幼いころから息子だけなつかず、困ってるお母さんの話で、のちに息子がお母さんを地獄まで落とすような大事件を起こすという話。
昔と今が繰り返しながら進んでいくので、なれるまで今どっちのはなしをしているんだっけと少し迷った描写も多かった。

親は子供を選べないし、子供も親を選べない。親はこの映画のように、なつかれない子供を持って、後に大事件を起こされたとき、その親ははたしてその子供を授かってよかったと言えるのか、とても考えるのがつらい映画だった。