つるみん

ローマの休日のつるみんのレビュー・感想・評価

ローマの休日(1953年製作の映画)
4.5
【天使なの?】

アナキンがパドメにこう発言しちゃった気持ちがわかる。といきなりスターウォーズを出してしましたね。すいません。

いやでもオードリー・ヘップバーンのあの美しさはなんですか⁉︎歩いた道跡全てにお花が咲くんじゃないかってほど天使。
可愛いのに、美しいのに強くて、賢くて、勇敢で。こんなの誰でも男なら惚れ込みますよ〜
しかし男女問わず今でも人気が高いというのは物凄いことです。

彼女はこの作品を機にたくさんの名作に出演しています。〝ティファニーで朝食を〟〝シャレード〟〝マイフェアレディ〟などなど素晴らしい作品がたくさんありますが、やはり〝ローマの休日〟には勝てませんよね。それほど我々に印象づいている名作なのです。

その理由として挙げられるのはやはり有名なシーンでしょう。
真実の口に手を突っ込むシーン。それとスクーターに2人で乗るシーンです。
真実の口(偽物でも)が側にあったら絶対やるでしょ‼︎‼︎
スクーターは危ないっす笑笑
でも憧れますよね〜〜!ローマの街をぶうぉーんって。

しかし女王と新聞記事という立場からのラストを迎えるシーンは切なすぎる……。


美しくて、切ない永遠の恋物語でした。