1230

ローマの休日の1230のレビュー・感想・評価

ローマの休日(1953年製作の映画)
3.4
言わずもがな名作なのにDVD家にあるからって後回しにしてたコレをやっと観た。
せ、切ねえ〜〜〜〜〜。・°°・(>_<)・°°・。ってかなり心を掴まれたけど、ようく考えたら、わたしが王女の立場だったら、最後のネタにドン引きするだろうと思った。ヘプバーンの美しさと作品の爽やかさと名作っていうフィルターにかけられてるから感動したけど深く深く考えるとつっこみどころがたくさん出てくる。。。(世界中の人に殴られそう)
とはいえ、ヘプバーンが存分に美しいのでそれだけでも観る価値がある、というか一度は観なければいけない作品だと思った。
白黒なのになぜ、あんなに色があるんだろう。
ウディアレン作品を観ているように、さまざまな観光地や風景がたくさん出てきて、ローマに行きたくなった。わたしもジェラート食べて真実の口に手を入れてイタズラされてテラスの席でお酒を飲みたい。