KeisukeOtsuka

ローマの休日のKeisukeOtsukaのレビュー・感想・評価

ローマの休日(1953年製作の映画)
4.2
ウィリアム・ワイラー監督
オードリー・ヘップバーン
グレゴリー・ペック出演の不朽の名作。

ヨーロッパ周遊中の某国女王アンと米国新聞記者ジョーの1日限りの恋の物語。
比較的短く物語の進行もシンプルであるが、鑑賞後の心の残滓は強烈な余韻を残す。それだけ作品の密度が高い。何と言ってもヘップバーンの天真爛漫な振る舞い、そしてペックの男性としての自分と記者としての自分の葛藤、またそれぞれの些細な性格描写が見事で、白黒をモノともしない118分だった。作中登場する名だたる観光名所は枚挙にいとまがない。真実の口、スペイン広場、トレヴィの泉など、ローマの名所をいつか訪ねてみたくなる。
作品の所々にコメディタッチなシーンもあり、観ていて飽きがこない。冒頭の靴が脱げるシーンは掴みとしては最高である。
王女と新聞記者が街中でばったり出会って恋をするストーリーは現実的には盲亀浮木であるが、当時新人のヘップバーンの素晴らしい演技によって、映画史に残る一本となった。アカデミー主演女優賞受賞も納得である。
作品の初めは公職に嫌気がさしヒステリックを起こすアンであるが、最後では大使館にて王女たるやり取りと女性として一歩成長した彼女の表情が映し出される。二人の「恋愛」の結末は決してハッピーエンドとは言えず、心には甘く切ない感情が残るが、アンの言葉を借りると「今回のローマ訪問は一生忘れることのない」ものとなっただろう。

It is a timeless masterpiece of romantic between touring European princess Ann and American journalist Joe Bradley.
I could bask in the strong afterglow of the film of which the plot is rather easy and short though. Audrey Hepburn's naivete acting and Gregory Peck's astonishing performance of one man feeling conflict as a newswriter make the film be greatest degree of completion.
Their character expression is elaborate, so the 118 minutes does not have a black-and-white feel and I got carried away with it.
In the story, Ann and Joe visit world-famous places such as Piazza di Spagna, Bocca della Verità and Fontana di Trevi. I wish to go there someday.
Also some comedy parts didn't let me bored.
Especially I like the first scene which Ann's high-heeled shoe comes off and she tries to put it back.
It is of rare that a princess and an ordinary journalist fall in love. However brilliant acting by Audrey, who was a new star in Hollywood at that time, made the story real and superb. I am absolutely sure that she is worth receiving Academy Award for Best Actress in 1953.
In the beginning, Ann had been overwhelmed as her schedule had been too regimented and had no freedom. But I could notice her behavior as a princess developed in the end. Although it can't be said that happy ending and remains bitter sweet feeling, "I will cherish my visit here, in memory, as long as I live."