ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

王女様が下界に降りてしまい、一般市民と24時間一緒に生活する。王宮にとっては王女が姿を消す一大事。あっ、これはまるで「志村けんのバカ殿様」が家来には内緒で下界に降り立ち、ふらりふらりと遊び回るのと展開が似ているようだ。
オードリーヘプバーンの作品は初観賞。めちゃくちゃ美しい。
ストーリーも紳士的なラブストーリーで落ち着きがあり、時には笑えるコミカルなシーンもあって楽しめた。
終始モノクロなのに、ローマの町並みや、当時の背景が色褪せることなく美しく輝いて見えた。
文句なしの良作!
okuy

okuyの感想・評価

-
記録用
moai

moaiの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

終始ハラハラしたけど、オードリーが美人すぎるのと白黒なのも含めて綺麗な映画だった。記事を売るために近づいたんだったら悲しかったところだけど、カメラマンの記者も良識ある人で最後に写真を王女に渡して終わったのは本当によかった。
rikolett

rikolettの感想・評価

4.8
1日限りの秘密の恋…とても素敵。
身分違いの恋愛ものはいくつもあるけれど、やはり憧れますね。

彼女の出演作品の中で一番好き。
白黒ならではの良さがありました。
オードリーヘップバーンがとにかく可愛い!
王女様の無邪気にはしゃぐ姿に惚れました。

街へでて、いろんな体験をした王女様には、初めにはなかった王様らしさを感じました。
初見。
オードリーがひたすら可愛い映画、という評価に狂いなし。床屋のシーンなんかでみせるとびきりの笑顔がもう、実に魅力的。

ただ、お金目当てで近づいて来た記者が恋に落ちるまでの心情変化はわかりづらく感じた。

好きだったのは、終わり方が粋なところ。
こういう余韻はなかなか味わえない。
生まれて初めての白黒映画鑑賞
1950年代の映画も初めて。

平和で幸せで笑える、そしてなによりオードリーヘプバーンが世界一美しい、そんな良い映画だった。
名作という言葉がぴったり。
Nana

Nanaの感想・評価

5.0
記録!

筋書き:★★★★★
映像美:★★★☆☆
役者力:★★★★☆
世界観:★★★★☆
影響度:★★★☆☆

・オードリーヘプバーン
・グレゴリーペック
yu

yuの感想・評価

4.2
可笑しくて可愛らしくて。
ちゃんとみてよかった。
ローマもっかい行かなきゃね。
>|