ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

王女様が下界に降りてしまい、一般市民と24時間一緒に生活する。王宮にとっては王女が姿を消す一大事。あっ、これはまるで「志村けんのバカ殿様」が家来には内緒で下界に降り立ち、ふらりふらりと遊び回るのと展開が似ているようだ。
オードリーヘプバーンの作品は初観賞。めちゃくちゃ美しい。
ストーリーも紳士的なラブストーリーで落ち着きがあり、時には笑えるコミカルなシーンもあって楽しめた。
終始モノクロなのに、ローマの町並みや、当時の背景が色褪せることなく美しく輝いて見えた。
文句なしの良作!
みーこ

みーこの感想・評価

4.0
近くて遠い歯痒さがなんとも言えなかった。オードリーヘップバーン はどこを切り取っても美しい!!
観客を物語と登場人物にフォーカスさせるために、敢えてモノクロにして美しいローマの街並みの印象を抑えたことによって調和が取れていると知って、さらに素晴らしいと感じた。
aoi23

aoi23の感想・評価

4.8
何歳になっても夢を見たような、夢を見たい気分になれる。ステキな気分になりたいときに。
初観賞は随分前になる。
当時、VHSを購入し観賞に至る。
オードリー・ヘップバーンが本作で輝いている。
映画史に残る名作。
KAZU

KAZUの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

もっとウハウハで軽いやつかと思ってたのにけっこう重かったわー
社会的な理由で成就しないのは辛すぎるー
最後の記者会見とか胸押しつぶされそうだった
名作
boubo

bouboの感想・評価

3.1
とりあえず、先に記録。
JaneDoe

JaneDoeの感想・評価

-
昔観た
ギターで人の頭をぶっ叩くヘプバーンが記憶にある
バイクの移動や階段の使い方が、今思い返せばなかなか良かった気がする
映画自体はローマの風景を楽しむものでしかないけど、城達也と池田昌子のフィックスの吹き替えがいい。
>|