ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

Taka

Takaの感想・評価

4.4
フォローワーが増え、ちょうどBS12で放映していたので再々観賞‼️やっぱり名作‼️オードリーヘップバーン綺麗で可愛い本作品‼️若いな😆やっぱり服装をかえるとやっぱり綺麗になったり可愛いくなったりする😍
結構有名なシーンもあるし何回みても良い作品❗️
えんち

えんちの感想・評価

4.2
とっっっても良き
名作は時代を超えて愛される。まじで実感。
古典だからといって観るの避けててすいませんでしたァ!!

無駄のない脚本、洗練された傑作とはこのことかと。プロットはシンプルなのに飽きがなくて無駄もない。そしてあの余韻のあるラスト。65年以上たった今観てもオードリー・ヘップバーンが本当に美しかったです。「外の世界に出て、色々な経験を経て成長し、大人になる」という古今東西あらゆる作品で描かれてきたテーマですが古典的傑作というのはいつ観ても魅力的なんだと思いました。クラシック映画も徐々に観ていきたいです。
えな

えなの感想・評価

4.0
ブラッドリーの「ままならぬのが人生だろう?」というか言葉が好きです。
悲観的にも取れるけど、うまくいかないことがあっても、それもしっかり受け止めて進んでいこうと思えました。
な

なの感想・評価

4.0
記録
たー

たーの感想・評価

3.9
大学の燻っていたとき。感動した。
うめ

うめの感想・評価

4.2
初オードリー・ヘップバーン。昔の映画だし白黒なんだけど、古臭さを感じなかった。オードリー・ヘップバーンの可愛さが半端じゃない。
LUCY

LUCYの感想・評価

3.2
訪伊中のプリンセスが過密なスケジュールによりついにヒステリーを起こし、単身繰り出した町で無防備な姿を晒していたところを新聞記者の男に助けられる。
男は眠る彼女を眺めるうちその正体に気付き、プリンセスの逃避行で稼ぎを得る為身元を偽り彼女に協力するフリをするが...

Audrey Hepburnが街中を子どものように駆け回る姿が愛らしい。お人形のような型に嵌められたお姫様が無邪気で奔放な冒険家の少女に変身するこの役は彼女にしかできないんじゃないかしら。
男に泣き‘縋る’姿とか、どう足掻いても籠の中の鳥である少女らしくて好きです。
オードリー・ヘップバーン
ミラクルの可愛さ。

ローマの休日でローマの街並みが見たい
という理由で鑑賞。

なんや!この!王道感は!
お風呂上がりに髪のセットが完璧すぎてもういつ何時も王女感出てました。

カメラマンへ足引っ掛けてこかせるやり方とか典型的でシュール。

1950年代かー、、、
>|